新卒入社した会社を2ヶ月で辞めた理由

私は新卒で入った会社を2ヶ月でやめた男です。世間から見れば、マイナスの印象を抱かれてもおかしくないですが、後悔は全くしていません。

もうその会社を辞めてから3年が経とうとしています。ただ、今のところ全くもって会社を辞めたことによるデメリットをほぼ感じてないんですよね。

というわけで、

入社して数ヶ月で会社を辞めたい!

もしくは、やめようか迷っているという人向けに

後悔しない決断ができるのかついて書いていきます。入社した会社を2ヶ月で辞める人ってかなり少ないので、上記の方にはかなり参考になる話しではないかと。

また、コミュ障な人だと人間関係がうまくいかないことで、仕事を辞めたと考えている人もいるかもしれません。

ただ、場合によっては辞めない方がいいケースもあるため、しっかり見極めていく必要があります。

スポンサーリンク

2ヶ月で会社を辞めた理由

単刀直入にお話しすると、私が会社を辞めた最大の理由は、

他に本当にやりたいことができた

からです。

私は適当に決めたスペースデザインが学べる短大に入り、その後大手の設計会社に派遣社員として配属されます。

ただ、短大の2年生後半あたりから、ブログを書くことをはじめまして、多少ですが自分の力だけでお金が稼げていました。(このブログではない)

 

さらに、ちょうどその時期に「心理学」に強くハマってしまい、心理学を使って自分でビジネスができればなーと考えるようになりました。

ただ、すでに短大2年の終わりに差し掛かっており、まだ独立できるお金は稼げてなかったため、とりあえず就職することに。

 

で、入社した会社はけっこうブラックで、朝9時〜22時半ぐらいまで残業することもありました。

まぁ業界的に当たり前なんですけどね。。

入社した当時も帰ってから心理学は勉強していました。しかし、デザイナーとして1人前になるには、働いてる時間だけでなく、家に帰ってからも勉強する必要があります。

そこで葛藤が生まれてきたんですね。

 

心理学を本気で勉強したい

でも、建築のことも勉強しなきゃ

 

ただ、私は無意識に心理学ばかりを勉強し、建築のことは家にかえってからはほぼ勉強しませんでした。むしろ、会社にいる時も、心理学の本読んでた気がする。

 

ただ、このまま葛藤を抱えたままだと会社でお荷物になってしまう・・・

そう直感した私はどちらかを選ぶしかありませんでした。

「建築か、心理か」

ただもう答えは決まっていて、心理一択でした。

自分の経験からも人間関係で悩んだりしていたので、「価値観」的に心理を通じて社会に貢献したいという気持ちが強かったわけです。

そうして私は入社した会社を2ヶ月で辞める選択をしました。

ハードルが低かった

私が簡単に決断できた理由は、正社員になる道を切ったことにありました。

正社員を目指すとなると、入社2ヶ月で辞めたことは痛手でしかありません。

そこで、残業なしの派遣・アルバイトしながら、副業として心理学ブログを始めようと考えました。

 

なので、正社員になりたい人は入社して数ヶ月で辞めるのは控えた方がいいでしょう。

この話しをすると、正社員は社会保障とか色んなメリットがある!!

という意見を持つ人もいるかと思います。

ただ、逆説的ですが私は正社員になる道を「100%」切ったわけではありません。

アルバイトや派遣、起業という道をメインで行い、それで成功できなければ正社員に方向転換するかもしれません。可能性は低いですが。

 

ただ、入社してすぐに辞めたいという人は、いずれにせよ、すぐに正社員としては働く道は切った方がいいかと。

 

おそらくなかなか受け入れてもらえないですし、採用されたとしても同じ状況に陥る可能性は充分にありますから。 ただし、正当な理由があれば別です。

辞めたい理由を明確にする

入社してすぐに辞めたい理由は人それぞれ違うと思います。例えば、

  • ・人間関係がブラック
  • ・他にやりたいことがある
  • ・仕事ができない

その中でも、長く続ければ解決される問題も中にはあります。特に「仕事ができない」という理由は、入社してすぐであれば当たり前のこと。

そこで、転職しても結果は同じです。

 

なので、仕事を辞めるべきか迷っている人は、自分がなぜ辞めたいのか理由を明確にするべきです。

人格否定や暴力などパワハラを受けている場合はやめた方がいいでしょう。

 

この理由であれば、入社して2ヶ月で辞めても問題なく正社員としと入社できる可能性があります。 また、親の介護などの理由も、一般的に入社してすぐにやめても「仕方ない」理由なので、すぐに正社員で転職しても大丈夫です。

私のように、自分のやりたいことが他に見つかったという場合は、相手企業からすると、

「雇っても、また別のやりたいことが見つかって辞めてしまうのでは?」

という不安があるため、難しいです。世間的に見れば、入社2か月でやめる正当な理由ではないこと明白です。

スポンサーリンク

嫌な仕事を丸1日行い、ギリギリの生活費を稼ぐってどう?

私が正社員で道を切った理由は、心理学を学びたいという気持ちとは別に、「非効率的」な働き方だなと感じたからです。

 

朝から晩まで働き、20年間頑張って、部長クラスになったとしても月収は50〜60万ぐらい。

普通に、家庭を持つと考えても教育資金、住宅資金などを考えれば、それでも家計はギリギリであることが用意に想像できます。

 

家庭を持たないとしても、人生の大半の時間を費やし、旅行などには行けても年に数回程度。

もちろん、嫌じゃない得意な仕事で、人に貢献している感覚が持てる仕事なら満足できますが、嫌な仕事をしている場合は、人生を後悔します。

安定など今の時代に存在しない

あと、正社員は安定しているというイメージがありますが、それは誤解です。一昔前は大企業に入ればそのまま終身雇用で、生涯安泰と言われていた時代でした。

 

しかし、現在は会社に入ったからといって、倒産やリストラの不安は常に付きついます。

正社員をやるにしても、収入の柱は複数に増やしてリスク分散するのが基本かと。最近は副業オーケーの会社も少しずつ増えているものの、まだまだな感じです。

 

さらに、労働時間が長い職場が多いため、正社員をやりながらビジネスを行うのは難しい側面があります。

なので、私は派遣・バイトをしながら副業をするという働き方を選んだわけです。

 

今では在宅ライターの職業につけて、月収は25万ほど得られてるので本当に会社を辞めてよかったな思えております。

まとめ

ということで、入社してすぐに会社を辞めたいという場合は、なぜ辞めたいのかを明確にしていきましょう。

キャリアを積むことでスキルや経験を得ることができる可能性は十分にあります。ただ、自己犠牲になってはいけない。自分ができない仕事を「できます」といって後悔する人生は切ないですから。。

 

好きな仕事ではなくていいので、得意で人に貢献できる仕事につければ最高です。

あと、パワハラがヤバイ会社はととっと逃げることを推奨いたします。いくら仕事が楽しくても人間関係がブラックなら無意味です。

そういう意味でも、個人で稼ぐ力を身につけるってのは現代を心の余裕を持って生きるためのスキルなんでしょうね。。私もまだないので頑張って身につけていきます。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください