とっさに言い返せない!を解決するテクニック集

議論していたり、会話をしている最中にとっさに反論を受け、何も言い返さなくて落ち込んだ経験はありませんか?

 

「あの時、○○と言っていれば・・・」と後悔することも少ないかと。こうした状態はうつ病の原因である反すう思考にもなりやすいので、自分の意見を正しく伝えるテクを身につけたいところ。

 

そこで、とっさに言い返すための技術をいくつかご紹介しましょう。

1.傾聴

急なツッコミが入って上手く答えられない時は、話の流れについていけてないケースがあります。何か別のことを考えていて、隙を突かれるようにツッコミが入ると、焦ってしまいます。

 

なので、話している最中は「会話に集中」することが大切です。これは簡単なようで実はけっこう難しいです。相手が話している時は、その話を集中して「聞く」のです。

 

相手の話しが自分の関心がないものだったら尚更ですが、相手の話しが入ってきづらくなります。すると、「今日の晩御飯どうしようかな」みたいな別の考えが浮かんでくるわけです。この時、質問されるとしどろもどろになってしまうんですね。

 

そこで、なのが「傾聴」というテクニック。これはうなづきなどを用いて相手の話に耳をひたすら傾けるというものです。相手の話を集中して聞くことで相手に良い印象を残すとともに、「自分が何を言えばいいか」も見えてきます。

 

やり方は相手の話している声や内容にひたすら意識を向けるだけでOKです。別の考えが浮かんだら、それに気づいてゆっくり相手の話に集中しなおしましょう。これを繰り返すことで会話中の「隙」がほぼなくなるので、即答できるようになります。

FBI交渉人も使う「傾聴」で相手を動かす12のポイント

2.間を作る

しかしながら、いくら会話に集中しよう思っても人間なので必ず途切れることがあります。また、どんなに集中していても予想外の質問というのは来るものです。

 

この時の対処法としては、相手のツッコミを受けた時にすぐに答えるのではなく、間を作ることが大切です。冷静に考える時間を作るわけです。

 

私自身コールセンターで働いていた経験があり、お客さんからの唐突な質問をなんども味わいました。ただ、その時に即座に答えようとすると、大体焦ってしまうことが多いんですね。

 

少し間を取ることで自分を落ち着きを取り戻すことができます。相手の発言をしっかり自分の中に落とし込んで、冷静な頭で返すことが大切です。

3.繰り返し

ふいを突かれた時は、少し間をつくるだけではなく、相手の質問やツッコミの内容を繰り返すと良いでしょう。さらに、自分を落ち着かせる時間ができるので、焦って上手く返せないことが少なくなります。

例えば、以下のような感じです。

 

「○○さん、最近どう!?」

「最近ですか?・・・そうですね。新しい本を買ってそればっか読んでます」

 

みたいな感じです。このように唐突な質問でも、相手の言葉を繰り返すことで「返答」を考える時間をつくることができます。間をつくることと並んで、時間稼ぎのテクニックですね。

4.話題をすり替える

これらのテクニックを使っても「とっさに返せない」状況というのは存在します。それは、自分が分からない話題に関することです。

 

自分が知らないジャンルを振られた時、「素直にわかりません」と言える状態であればいいのですが、あまりに「知らない」言葉を使うと印象が良くありません。しかし、知ったかぶるのはもっと最悪です。

 

そこで、自分の知っている話題に持っていく動きしていくのです。具体的には、相手の質問を広い枠組みでとらえていきます。例えば、

 

「アニメとか見ます?」

「うーん、アニメはあまり見ないですが、ドラマや映画だったら良く見ます」

 

という感じに、分からない話題に関連して回答を返していきます。この時、「アニメ」を「エンタメ」という広い概念で捉えることで、自分の知っている話題が見つかりやすくなります。

 

実際の会話で即座に行うのは難しいように感じるかもですが、先ほどご紹介した「時間稼ぎ」のテクニックを使えば、意外と簡単にできます。普段から物事を「抽象化」するトレーニングをしておく尚やりやすいかと。

 

  • ペットボトル⇒容器
  • 東京⇒関東
  • 自転車⇒乗り物
  • スポーツ⇒健康

 

などなど。このように「抽象化」をすることで、知らない話題をとっさにフラれても返せるようになります。傾聴と時間稼ぎと合わせて活用することで、「言葉を返せない」という状況と無縁になることでしょう。

まとめ

というわけで、とっさに言い返せない時は、

 

1.相手の話をしっかり聞く
2.間をつくる、繰り返す(時間稼ぎ)
3.知らない話題はすり替える

 

この流れで対処することができるということです。わからない話が出てきた時ほどゆっくり焦らずに平常心を取り戻すことが大切です。ぜひ、お試し。

会話が長続きする方法と上手い返しのポイント



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください