ASMRはリラックス効果があり、人とのつながりを深める

いい音ってこの世に色々と存在しますよね。カツを切った時のサクっとした音や、キュウリをかじった時のポリポリ感など。

これが意外にも心理的にいい影響を与えるようです。

リラックス効果がすごいASMRとは?

ASMRは「Autonomous Sensory Meridian Response」の略語。日本語に訳すと、「自律感覚絶頂反応」となります。

 

これが世の中に存在するいい音の正体。ASMRの代表的な例としては、ハサミで髪を切るチョキチョキ音や、耳元でささやく声、紙をくしゃくしゃする音があります。

 

聴くことによって感覚が研ぎ澄まされて、快感を得られるという現象で、海外では「脳がとろける感覚」と呼ばれることもあったりします。

 

何はともあれ、現物も見たほうが早いと思うので、以下にASMLの動画を貼っておきましょう。

1.野菜をカットする音

 

2.髪をカットする音

 

3.紙の音

 

という感じです。確かにスッキリする感じがしますね。

私は野菜を切る音が好きです。あとのノートの隅を指でいじりまくって「自律感覚絶頂反応」を楽しんでいた学生時代がありました。

ASMRで社会的な結びつきが増える?

最近、このASMRの効果を調べました!という研究があってやはりメンタルにいい効果があったそうです。

 

イングランドのシェフィールド大学の研究チームが行った実験研究[1]では、1002名の参加者に対して「ASMRの映像」と「ASMRでない映像」の2つを見てもらったんですね。そのうち半分の人は、ASMRを経験することができたと言います。

 

ASMRを経験した人はそうでない人に比べて、心拍数が有意に低下していました。それだけではなく、ASMRを経験したグループでは、音楽を聞いたり、マインドフルネス瞑想した時と同じように「リラックス」や「社会的な結びつき」か見られるようになったんだと。

 

同じ映像を見てもASMLを経験をできる場合とそうでない場合があるものの、もし、経験することができれば、心理的なメリットが得られるってことですね。「いい音」の基準も人によって変わる部分がありますからね。

 

ただ、リラックスの効果を実感できた人も多かったみたいで、この実験を行ったジュリアポエリオによると、

私たちの研究は、ASMRが社会的つながりの感情を増す、リラックスして落ち着いた感覚であることを一貫して示しています。重要なことに、ASMRビデオは、ASMRを経験した人々の心拍数を大幅に減少させることがわかった。

ASMRがリラックスしているというアイデアのより客観的な証拠が得られました。ASMRがリラックスしていると感じているのは、生理学が私たちにも同じことを言っているのです。

ASMRを経験した人の中には「リラックスできた」「ストレスが和らいだ」「よく眠れた」などといった変化を報告する人や、「温かい、ゾクゾクするような感覚が頭頂部で生じて、脊髄を通って体中に広がっていく」との印象を語る人もいます。

 

とのことです。これまで、ASMRの具体的な効果はあまり多く研究されていませんでしたが、ASMRを聞くことでストレスが減ったり、リラックスできる効果が期待できそうですね。

 

これから研究が進んでいけば、快眠にも効くとか健康にもいいなどの結果も出てくるかもしれない。

あと、音フェチというタイトルでASMRの動画をアップする人も多いですが、性的な反応とはあまり関係がないみたいです。

気を紛らすためのゲームは「テトリス」で決まり!不安対策に

2018.11.14

 

参考文献▼

・More than a feeling: Autonomous sensory meridian response (ASMR) is characterized by reliable changes in affect and physiology



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください