コミュ障は遺伝で決まるのか?積極的になる方法

コミュニケーションに苦手意識がある人は、自分の内向的な性格を変えようと思ったことがあるかもしれません。

 

人の性格はある程度遺伝で決まるってことがわかってて、いままでは遺伝的な性格は変えることができないと考えられていたんですが、最近の研究では、なりたい性格に沿った行動を繰り返すことで性格を変えることができるとされています。

 

ただ、私は性格を変えることはおすすめしません。かなり時間がかかりますし、内向的な人の方がメリットがあるという研究例も多いんで。

 

そのため、無理に性格を変えようとするよりも、強みを生かす方向で考えた方が実りが大きいのではと考えています。

 

とはいえ、内向的な性格でもコミュニケーション上げたい、もっと積極的に人と関われるようになりたいと考える人も多いでしょう。そこで、性格は変えずに「行動」を変えることが大切になんですね。

生まれつきの影響は50%ほど

結論からいうと、性格について遺伝の関わりは約50%です。

 

安藤博士の研究[1]では、1万組のふたごを対象にパーソナリティ検査や能力検査などあらゆる面からアンケートを行い、遺伝と環境がどれだけ性格に関わってくるのかを調べたわけです。

 

心理学的にもっとも信頼できる性格分析「ビックファイブ」を使って性格を調査しました。

 

ビックファイブとは「怒りっぽいと短気」は「怒り」といった具合に、性格を表す言葉をすべて一つにまとめて行ったら、最終的に5つに集約された、という性格要素のこと。

 

主要五因子性格と呼ばれており、以下の5つに人の性格を分けられます。

 

神経質:緊張しやすか、不安を感じやすか
外向性:人と積極的に関わるかどうか
開放性:新しいことにチャレンジするか
協調性:人と協力するか、マナーや配慮をするか
勤勉性:物事に対して真面目に取り組むか、意志が強いか

 

遺伝と環境がこの性格分析にどれだけ影響を与えるかを調査した結果、以下のような割合になりました。

 

この図をみると、遺伝が性格に与える影響は30〜50%であることがわかります。そして、残りの「非共有環境」とは、双子が同じ経験をしない環境のことです。

 

基本的には、「家庭環境以外」の環境であるといえます。

 

友人関係や、職場の関わり、恋愛やサークルなどがこれにあたります。つまり、性格に関わる残りの50%は家庭以外にどんな環境に身を置くかで変わってくるのです。

コミュ障とうまく付き合う上には?

遺伝と環境が50%ずつであれば、無理やり遺伝的な性格を変えようとするよりも、自然と「行動」を変えるために環境を工夫した方がいいことが見えてきます。

 

環境によって行動を変えつづけることで性格にも変化が現れますが、ビックファイブに影響するまでに年単位の時間がかかるため、あまり期待しない方がいいでしょう。

 

大事なのは、性格を変えることではなく「行動」を変えることです。

 

例えば、付き合う人を変えたことによって今までと違った行動を取ったことは誰しもあるはずです。

 

「ファッションに興味がなかったけど、新しい友達と出会って関心が湧いてきた」「大学に合コン好きな友人と仲良くなって、異性と話す機会が増えた」などです。

 

しかし、性格が変わっていないのに本当に行動を変えることができるのでしょうか?遺伝が行動に影響する時はある特徴があります。

短期的には遺伝の影響は小さい

いくら性格は遺伝の影響が大きいと言っても、短期的な一つ一つの行動にはそこまて関わってないのです。

 

心理学者のウォルターミシェル教授の研究[2]によれば、遺伝がその場の行動に与える影響は非常に弱いことがわかっています。

 

考えてみれば、内向的な性格だからと言って、全く新しい人に話しかけられないことはないはずです。

 

状況や環境が整っていれば、自分から話しかけることもできますよね。

 

例えば、道に迷って遅刻しそうなときに街行く人に声をかけた事は無いでしょうか?他にも、仕事や学校でペアを組まされた時は嫌でもコミュニケーションを取るはずです。

 

このように、短期的な行動に対しては遺伝の影響は少ないのです。

そのため、あらかじめ環境を整えておくなどで行動力を高めることによって性格を変えずに望ましい行動をとることができます。

長期的には遺伝が強く影響する

とは言え、長い目で見れば遺伝の影響が強いことは言うまでもありません。

 

ただ、長期的に行動を変えることは=性格を変えることなので、あまりオススメはしません。

 

それでは、単なるその場しのぎではないかと思う方も多いかもしれませんが、まさにその通りです。内向的な人が、外向的に振る舞うには、その場しのぎがベスト。

 

考えてみてください。外向的な人はだれかれ構わず話しかけます。とりあえず話しかけちゃえというのが彼らのスタンスです。では、あなたはこれを一生やり続けたいと思いますか?

 

コミュ障な人がもっと積極的に人と関われるようになりたいと考えるのは、自分に合った少人数の人たちと関係を深めるためです。

 

そうした人を見つけるために、必要なときだけ外向的に振る舞い、適度に1人になれる時間を作っておくことが大切です。

 

もちろん、広く浅くで大人数のワイワイしたい、1人の時間など必要ないという人は、長期スパンで考えて性格の変化を目指すのもいいと思います。

 

10代〜20代前半であれば、ある程度は変えることも可能です。ただ、30代を超えている場合は年単位のスパンで取り組んでいく必要があるでしょう。

環境を整えて練習することが大切

一般的な内向的なタイプの人が、外向的に振る舞うにはテクニックを身につけることが必要です。

つまり、性格は変えずに技術を磨いていくわけです。

 

まずは、自分がコミュニケーションを行いやすい環境や状況でひたすら練習しましょう。そして、必要な時に外向性を発揮できるようにしておくとベストです。

 

環境は補助輪のようなもので、外向的に振る舞うテクニックが上手くなるにつれて、環境に頼らずとも行動を変えることができるようになります。

ぜひ、何度も繰り返して体に染み込ませるようにしましょう。

参考文献▼

  1. 日本人の9割が知らない遺伝の真実 安藤寿康 SBクリエイティブ
  2. From Personality and Assessment (1968) to Personality Science, 2009

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください