職場でミスばかり起こして気まずい時の対処法

上司から叱られる日々に意気消沈してはいませんか?怒られている時は、周囲の視線が痛く、気まずい空気が流れているというケースも少なくありません。

その結果、職場で疎外感を感じたり、人間関係がうまくいかなかったりしてしまいます。

どんな仕事をするかよりも、誰と仕事を行うかの方が幸福度に大きな影響を与えることがわかっています。こうした、ミスから起きる気まずさはどのように対処したらよいのでしょうか?

ミスをしやすい人の特徴

まず、そもそもなぜミスをしてしまうのか、その原因をする必要があります。ミスを起こしやすい人の特徴としては、不安感が強いことが挙げられます。仕事中に様々な考えが浮かんできて、今行っている作業に集中できなくなってしまうのです。

日々、上司から送られている人であれば、「今日も失敗したらどうしよう」といった思考が頭に浮かび、目の前の作業がお腹になって、恐れていた事態が起きてしまいます。ただ、不安を感じやすいタイプの人は必ずしもデメリットだけではありません。

頭の中に様々な考えが浮かびやすいので、想像力が高い傾向にあります。また、あらかじめ失敗したときの対策を考えておけるので、自信に満ち溢れている人よりも目標達成できる可能性が高いのです。

つまり、考えるのは得意だけど細かい作業が苦手という場合、頻繁にミスを起こしやすいといえます。

人間には、思考と観察の2つのタイプが存在します。思考タイプは、常に物事を考えている、何か新しいことを始める前に情報収集に明け暮れてしまうという性質があります。一方で、観察タイプの人は、深く物事を考えず直感で物事を判断します。

言わずもがなかと思いますが、仕事でミスをしない人は観察タイプだと言えます。口で言う観察とは、スポーツやゲームにのめり込んでいるように、完全集中していることのことをいます。自分の感覚にだけ意識を向けているのです。

もちろん、思考タイプの人もトレーニングを積んでいけば自己観察力を鍛えることができます。そのトレーニングとしておすすめなのが、「マインドフルネス」です。

これは雑念にとらわれている自分に気づき、今すべきことに意識を集中させるというものです。

例えば、ご飯を食べる時に1口30回噛むと言う目標だとします。このとき、噛む回数を数えるのを忘れてしまったり、別の考え事をしていたら、そのことに気づき、1口30回噛むことに意識を向け直すのです。

実際に、これはどんな物事でもトレーニングすることができます。今やっていることに意識を向けて、別の考えが浮かんだら、それに気づいて意識を戻すというステップを繰り返すだけでokです。

代表的なトレーニング法としては、「マインドフルネス瞑想」が挙げられます。呼吸に意識を集中し、それたら戻すを繰り返すのです。

大切なのは、マインドフルネスの考え方を仕事に生かすことです。仕事の作業に常に意識を向けて、別の考えが生まれたら戻すのです。いかに早く雑念に囚われていることに気づくかが重要です。

別のことを考えている状態を「マインドワンダリング」と言います。この状態が長いほどミスが起きやすくなってしまいます。

常に自分の思考を観察して、早めに注意を戻すことでミスが起きる確率を最小限に抑えることができます。

自分と他人は違う

職場でミスをして気まずくなってしまうのは、「少なくともみんなと同じ位仕事ができなくちゃダメだ」と考えているからです。

他人と比べて自分を評価していると、他人がミスをすれば喜び、自分のミスを必要以上に深刻に捉えやすくなります。そして、周囲からの目が気になってしまい気まずい空気を作ってしまうのです。

こうした考えでは、人間関係がうまくいかなくて当然です。

そこで、他人と自分は全く違う人間であると本気で考えるようにしましょう。開き直ると言うと言い方が悪いですが、今の自分の能力を受け入れることが大切です。

心理学では、これを「セルフアクセプタンス」といったりしますが、自分を受け入れられる人ほど、気まずさを感じにくくなります。そして他人の個性を認められるようにもなります。

すると、「ミスが起きても今の自分の能力が足りないだけだ」と客観的に自分を分析でき、変に他人の目を気にする事がなくなります。このように、他人と自分を比べないことが大切です。もし、比べるにしても過去の自分と比較するようにしましょう。

本気で他人と自分が違うと考えていれば、そもそも同じ土俵に立っていないことがわかるはずです。このように、仕事でミスばかりしてしまう人は集中力を身に付けることと、自分を受け入れることが大切です。

しっかりとマインドフルネスを生かして仕事をすれば、確実にミスは減っていきます。日々トレーニングして充実した社会生活を送っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください