人見知り・口下手で仕事でつらい時の対処法!雑談のやり方

仕事場に親しい友人が3人以上いると、仕事への満足感が96%上がり、給料に対する満足度も200%上がるという調査があります。これは、アメリカのギャラップ社が500万人を対象に行ったものです。

職場での人間関係は非常に重要であることが分かります。しかし、人見知りな場合職場で良好な人間関係を築くことが難しいため、上司に質問できない、自分の意見が言えない、友人ができないといった非常に辛い状況に追い込まれてしまいます。

ただ、これには原因があって、コミュニケーションに役立つのパターンがあります。このパターンの使い方を意識することだけで、仕事でうまく人間関係を築くことができます。

職場で友人を作るには?

まず、結論からお話しすると、コミュ二ケーションの2つのパターンとは、情報を伝えるための会話と、関係を深めるための会話です。情報を務めるための仮予定のは、「プリントしてきますね」や「明日は何時から会議予定ですか」といった論理的な会話です。

一方で、関係を深める会話弟のは〇〇さんはどんな食べ物が好きなんですかといった相手について質問する、もしくは自分について話をするといったコミュニケーションのことを指します。

おそらく、人見知りで仕事が辛いと悩む人の場合は、情報を伝えるための会話がほとんどで、相手について話したり自分の事について話したりすることは少ないのではないでしょうか?被害でこうした関係を食べる会を積極的に行っていくことで職場の人間関係で困ることが少なくなります。

口下手が仕事で辛くなる原因

口下手でコミュニケーション能力に自信がない人は、職場で良好な人間関係を作るのがあまり得意ではありません。

その結果、仕事内容に対する満足感も減ってしまいます。また、職種にもよりますが、ほとんどの仕事はコミュニケーション能力で、ある程度決まってくるところがあります。

例えば、プレゼンや会議、社内の連携などあらゆる部分でコミュニケーションを取らなくてはいけません。そのため、うまく意思疎通が取れないと仕事がスムーズに進まなくなります。

そして、上手く話せなかった自分を責めたり、上司に怒られたりしてさらに人間関係が悪くなってしまうのです。

また、雑談など自分の話しをあまりしない人は上司から怒られることが多いです。これは、人間の「警戒仮説」によるもので、知らないものに対しては勝手に怖いものだと思い込んでしまうという理論になります。

つまり、人はよく知らない人のことは敵であると考えやすいのです。そのため、誰がやったかわからないミスやうまくいかないことがあったときに、濡れ衣を着せられる可能性が高くなってしまいます。

ひどい場合にはいじめにまで発展するケースもあるので、口下手で仕事が辛いという人は、その原因を改善していく必要があるでしょう。

積極的に雑談ができるようになる技術

ただ、多くの人見知りの人はそれができないから困っているんだろうと感じることでしょう。私もそうでした。もっと人と雑談をしようとは思うのだけれど、なかなか人に話しかけることができない。これはよくある話です。

そこで、人見知りの人が、どうすれば自分から雑談を避けることができるようになるのかということについて解説していきます。

まず、雑談ができない大きな原因としては、話題が思いつかないと言うことです。何を話していいかわからないため、考えることに意識が集中してしまって、この話題を振ったら変に思われるんじゃないかといった余計な考えに足をとられてしまう。

そこで、あらかじめ話題の決め方を知っておくことで、こうした無駄な想像力に邪魔をされることが少なくなります。一緒に相手について質問したり自分のことを話す際には、ある程度使われる方は決まっています。挙げられるのはこの5つの話題です。

場所:学校なら学校の話、職場なら職場の話というようにその場所についての話題

時間:過去や未来のこと

環境:相手のファッションや建物、テーブルなどの身の回りの物

趣味:相手や自分の趣味

人間関係:人に関する話、先生や上司など

 

基本的にはこの中から、選ぶようにしましょう。大抵、雑談はこの5つ話題のどれかに当てはまります。ただこれでも少し範囲が広いので、できれば、「今日は相手の休日の過ごし方について質問する」という感じで、より具体的に雑談の内容を決めておきましょう。これによって、話しかけるときにどんな話題から入ろうかといった迷いが断ち切ることができます。

例えば、広い野球場の中で野球ボールを1つ探すのはかなり時間がかかってしまいますが、エレベーターの中に野球ボールが転がっていれば一瞬で見つけることができます。

これと同じようにある程度ネタを絞っておくことによって思考に制限が生まれて、話すべき話題が見つかりやすくなるのです。

また、実際に、人は一度話しかけてしまえば、後はその時の会話の流れに沿って話を進めることができるケースが多いです。そのため、最初の第一声を始めることが最も大切で、最も重要です。

雑談をするためのタイミングとしては、出勤、昼食、退勤の時に行うのがベストでしょう。状況や職種にもよりますが、仕事中にプライベートの話をされると不快感を抱く人もいるので、仕事が一段落している瞬間を見計らって雑談を始めるようにしましょう。

場に信頼できる人がいない…プレゼンが相手にうまく伝わらない…このような悩みを抱えたことありませんか?口下手のせいでコミュニケーションを取る際に失敗してしまうこどが頻繁に起こると言う人もいるかもしれません。

口下手で仕事が辛くなってしまうのは、当然と言えば当然なのです。アメリカのギャラップ社の調査によれば、職場に親友が3人以上いれば、仕事の満足度が96%上がるという結果が出てています。つまり、仕事は何をするかよりも誰と行うかが非常に大切になってきます。

口下手でも周りとコミュニケーションができる方法

口下手は周りとコミュケーションをとることである程度改善することができます。

相手が自分を信頼してくれていると実感することで緊張感が弱まり、のびのびと仕事をすることができるようになるのです。とは言え、口下手で人に話しかけることに抵抗があるという人も多いでしょう。

また、すでに自分は職場で孤立していて、自分から誰かに雑談を仕掛けるようなキャラじゃないと考えるかもしれません。しかし、これらには心理学的な解決法が存在します。具体的には以下の2つ方法が挙げられます。

1.ハードルを下げる
雑談をすることに抵抗がある人は初めからハードルを上げすぎていることが考えられます。必ずうまくしゃべれらなくてはならない、会話を弾ませないといけないといった考え方に囚われているのです。

そこで、雑談というよりも「ペンを借りる」など自分が話しかけやすい理由を作って、そこから雑談に入っていくことをオススメします。重要な考え方として、今の自分が話しかけるとしたらどんな方法が実行できるだろうかと考えることです。

2.自動思考の修正
自分が行動したら周りに変な奴だと思われるだろうなといった不安な考えを心理学では自動思考といいます。

この自動思考は冷静に考えてみれば、必ずしもその通りではないことが多いです。しかし、感情に飲まれることで視野が狭くなってしまい、主観や偏見を信じてしまうのです。そこで、何か行動を起こすときに不安が浮かんだら、この考え方は本当に正しいのか?と自分質問を投げかけてみてください。すると、何一つ確証のない考えだわかります。

この2つの方法で、雑談ができない状況を克服することができます。まずは、少しづつ自分のペースで始めることがオススメです。

口下手で仕事が辛い状況を変えるには、少しでも人間関係を良くしようと努力することが大切です。

周囲の人たちが自分の仲間だと思えれば、緊張感の中で変にプレッシャーを感じずに、あなたの実力を最大限発揮することができます。ただ、自分から話しかけるなど努力をしても、状況が変わらなかったり、人間性を否定されるような環境であれば職場を変えることをおススメします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください