笑ってごまかす人の心理とは?話し方の癖を直すには

会話でしらけたムードを作ってしまう1つの原因として、笑ってごまかす、もしくは笑いながら話してしまうことが考えられる。

笑ってごまかすことで、焦っている自分を隠そうとするのですが、それが裏目になってしまうことがあります。

もちろん、笑顔で話すことは大切なことです。しかし、緊張を見せないようにする時の笑いはひきつった笑顔になりがちです。

そのため、周囲から見たら笑ってごまかしているなと簡単にわかってしまいます。すると、相手から凍りついた空気が発せられるようになるのです。

笑いながら話す人の心理

笑いながら話す人は、緊張をごまかすために無理矢理、笑いながら話していることが多くあります。

また、自分が笑うことで周りを頑張って「笑わらせよう」としていると考えることもできるでしょう。いずれにしても、心理的に追い詰められてる状態と言えます。

また、笑いながら話す癖のある人は、本当に面白い話をしている時に笑いながら話すのは問題ありません。

むしろつられて笑ってくれることがあるため効果的だといえます。

しかし、そこまで面白くない話を笑ってごまかしながら話してもなかなか相手は期待通りの反応示してくれません。

また、ビジネスなど真面目な場面で笑ってしまう癖がある人は注意が必要です。物事を軽く考えていると思われるため、不快に感じる人も多いでしょう。

心理学で有名な「メラビアンの法則」でも言われている通り、話の内容と伝え方に違いがあると、人は伝え方のほうを参考にして解釈します。例えば、

 

  • 「大嫌い!」と怒りながら言う
  • 「大嫌い!」と笑いながら言う

 

この2つの場合、笑いながら言われた人は嫌われたとは思いません。むしろ「喜んでいる」と感じます。

同じように真面目な話をしている最中に笑ってしまうと、「ふざけている」「軽く考えている」と思われてしまうのです。

しかし、笑って話す癖があると、いくら真面目な話しでも、真剣なトーンで話すことが難しいこともありますよね。

なぜこうした状態になってしまうかというと、真面目なトーンで話すとアガってしまうからです。「何を話していいかわからない」もしくは「ネタが飛んでしまった」という状態になった時に緊張してしまう自分を隠すために笑いが出てくるのです。

ここで相手の人がつられて笑ってくれれば、なんとか落ち着きを取り戻すことができるのですが、シラけてしまった場合、さらアガってしまう可能性が高いです。

その結果、会話やプレゼン、スピーチなどで上手く話せなくなってしまいます。

笑って話してもいい場合

一方で、笑ってごまかすことが効果的な場合ももちろんあります。

全く何の抑揚もなく淡々と話すよりかは、要所要所で笑いがあった方が相手を惹きつけることができます。

そのため、相手を笑わせたい、少しユーモアを入れる際には笑いながら強調するのが良いでしょう。

実際にテレビのバラエティー番組をよく見る方はピンとくるかと思いますが、ギャグを行ったりする場面で観客の笑い声が上がります。

これは本物の観客の笑い声に加えて、さらに笑い声が編集によって足されているのです。

人間は周りにつられてしまう習性があるため、笑い声を増やすことによって視聴者にウケやすくなるというわけです。

このように、自分がギャグを言ったり相手を笑わせようとしてる場合には笑いながら話すと言うのはとても効果的です。また、話のオチを笑いながら言うのも良いでしょう。

笑ってごまかす癖を直す6つの方法

とは言え、先ほどもお伝えした通り、真面目な話をしている最中に笑ってしまうのはNGです。また、緊張してる自分を隠すために頑張って笑うのも印象は良くありません。

そこで、笑ってごまかす・笑いながら話す癖を矯正する7つの方法についてご紹介します。

1.ゆっくり話す

まずは、ゆっくり話すことによって話してる途中に焦ることなく、頭で考えながら話すことができます。

すると緊張笑ってごまかす癖が出にくくなるのです。また、ゆっくり話すことで笑わないように意識する余裕も生まれます。

2.間をとって話す

こちらも1と同じように、落ち着いて話せるようになるというメリットがあります。

ただ、1との大きな違いは、ひと呼吸できることです。ゆっくりと話すだけでは、呼吸を整えることはできませんが、間を取ることで息を吸うための間隔を作ることができます。

3.迷わずに主張する

笑ってごかます一番の原因としては、迷いながら話してしまうことです。

話す内容が固まってないうちに話し始めると、自分の発言に自信が持てなくなる場合があります。そのため、話しながら不安になってしまい、笑いに頼ることにつながります。

そこで、自分の話しをする時は迷わないことが大切になります。

あらかじめ話す内容が決まっていれば問題ないですが、アドリブで話す場合、自分が間違ったことを言っているなと思ったら素直に「間違えました」と訂正しましょう。相手から急に質問された場合は、「わかりません」というのも効果的です。

4.笑いそうになった相手に振る

もし、笑いそうになってしまった場合には相手に話しを振るという方法があります。

自分が話しの最中にテンパって笑いに頼ろうとした時、なんでもいいので、相手に質問をするわけです。すると、自分を落ち着かせる時間を作ることができて笑ってごまかすことを防ぐことができます。

5.一人で練習する

自分の話しをしている最中にテンパってしまうのは、シンプルに練習不足であることがあげられます。

そもそも、自分の話しをあまりしない人は、慣れていないので笑ってごまかすことが多くなります。

この時、可能であれば人前で練習するのが一番です。しかし、繰り返し何回も練習する必要があるため、トレーニングに付き合ってくれる人と少ないでしょう。

そこで、一人語りでひたすら話すという練習をおススメします。スマホのカメラで自分を撮影しながら、ランダムにテーマを決めて話してみるのです。

ランダムにというのは、ネタが書かれたカードを数枚作って一枚引くなどなんでもよいです。できるだけ、話す直前まで何の話しをするかわからないようにしておくのです。アドリブで話すことを繰り返すことで、急に話しをフラれても落ちついて話すことができるようになります。

6.自分の声に集中する

「これをいったら、嫌われるかも」「あー、まずいこと言っちゃったな」など未来や過去の不安に気をとられると会話でテンパりやすくなります。

そこで、自分の声や話しの内容に注意を向け続けることが大切です。これは、マインドフルトーキングという今ここに集中しながら話しをする方法です。

この時、不安に気を取られてはいけないと思うのはNGです。不安に意識が向いてしまうのはごく自然なことなので、完全に不安を無視するのは不可能です。

私たちができることは、不安に気を取られた時にそれに気づいて、ゆっくりと話すことに意識を向け直すことだけです。

ここまで見てきたように、笑いながら話すことの一番の原因は、話している最中に起こる「緊張や不安」です。相手を笑わせることで自分のメンタルを整えようとしているわけです。

しかし、笑いのそぐわない内容を話している場合は、かなり気まずい空気を作ってしまい緊張感を高めることにつながります。

そのため、ゆっくり話す、自分の話しに集中してセルフコントロールを保つことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください