テンション高い人についていけない時は諦めるが勝ちなのか

シェアする

飲み会や集まりなどで、周りのテンションが高くついていけなかったときの孤独感は半端ないものがあります。何とか合わせようとして、がんばって喋ろうにも無口になってしまう。こういった経験、私はしょっちゅうあります。

また、テンションが高い人と話さなくてはいけない時、温度差を感じすぎて疲れてしまうことがあるかと。というわけで、今回はテンションが高い人についていけない時はどう対処したらいいの?ってことに対して解説していこうと思います。

スポンサーリンク

他人に合わせない方が良い

単刀直入に言えば、テンションが高い人についていけないなら、別に無理してついていかなくていいというふうに存じ上げます。何故かと言うと、答えは簡単で疲れてしまうからです。

一時的なものであれば、相手のテンションに頑張って合わせてみるのも1つの方法ですが、長期的に付き合わなければならない人(職場の関係や友人等)であれば、素の自分で行くのが負担も少なくて良いでしょう。

経験があると思いますが、自分と違うテンションの人に合わせようとすると、その後でむちゃくちゃエネルギーを消費をしてしまうんですね。

感情労働はメンタルに悪い

心理学の世界には、「感情労働」という言葉があります。

これは、相手の感情を一定の状態に導くために自分の感情を作ったり、抑制する働きのことを指します。つまり、相手のテンションに合わせようってことですね。

1999年の論文によれば、感情労働は仕事において心理的苦痛を増したり、仕事の満足感を低下させることがわかってるんです。ひどい場合はバーンアウトまで引き起こしてしまうけっこうヤバめなものです。

自分の感情をいつわるとメンタルを病みやすくなるって話しもあるんで、なるべくなら相手に合わせようとか思わないほうが無難です。

何を隠そう、私自身周りの人のテンションに合わせようと頑張ったことがありますが、1時間ほどで喉と肺が限界のお知らせをしてくるので、長時間はかなりしんどいっす。

飲み会で孤立する問題

といっても、飲み会などで周りのテンションが高い時、そのままのテンションが低い状態でいくと孤立してしまうんじゃないかと思われる人も多いでしょう。

この場合は戦略的に行きます。

感情労働は、短い時間であれば行ってもメンタルに大きな支障が出ないんですね。走る時を想像していただければと思いますが、長時間かなりのスピードで走っていればそのうち疲れが出て足が止まってしまいます。

これと同じように、感情労働もどれだけの時間行うか、どれだけ大きく感情を動かすかによって疲労具合が変わってくるのです。つまり、体力ゲージみたいなもので使えますからほどすり減ってしまいます。しかし、逆に言えば、少しの間であれば普段よりもテンション上げることができるのです。

このテンションを上げていられる時間が重要で、この間に相手と打ち解けておく必要があるわけです。

いかに後半に自分が話さないで済むようにするかがポイントです。はじめの段階で、 打ち解けられれば自然と自分のテンションも上がりますし、相手から色々と質問してくれることもあるでしょう。

まぁ、「それが難しいんや!」という声が聞こえてきそうですが、相手を喋らせたい場合には占い師のテクニックなんかを活用すると良いです。その他諸々の会話を続けるテクニックも当ブログで紹介していますので、参考にしていただければと思います。

孤立するとわかっているなら…

自分の適性や性格を見抜いて、みんなのテンションが上がるイベントに参加しないという選択肢もあります。

例えば、会社などで飲み会があれば誰が来るかというのは大体予想がつくと思います。するとおのずと、今回の飲み会はテンション高い人や飲んだら豹変する人が多くて孤立しそうだなーと読めるはず。

この場合、いっそ飲み会の誘いを断ってしまうのも1つの方法です。先ほどもお伝えしたように、感情労働が続けばストレスがたまり、心理的にもヤバイ状態になります。

できるだけ自分が素でいられる場所に行くようにして、それ以外は特別な理由がない限り断る!と自分ルールみたいなものを作っちゃうのもアリではないかと。こうすると、気分的には楽でいられます。

ただ、孤独になるリスクは否めませんのでバランスは重要ですね。例えば、関係が深まってからプライベートの時間で会うようにするってのも良いでしょう。

例えば、会社の飲み会であれば、勤務時間に職場の人とある程度、素で話せるようになったら、その人がいく飲み会には参加するようにするとか。アドラー心理学でいうところの「人生のタスク」の手順で人と関わっていけば良いってことですね。

まぁ仲間が1人いると、いないのとでは、飲み会が有意義になる率が大きく変わってくると個人的には思います。その勤務中に仲良くなった人から新しい人を紹介してもらえる可能性もありますし。

まとめ

という感じで、テンションが高い人に無理して合わせる必要はありません。書き忘れていましたが、孤立してもOKって場合は特に体力ゲージを消耗してまで頑張る必要はないですからね。

結論としては、どんなにテンションが高い人とも無理に合わせようとするのではなく、素を貫くなかで自然とテンションが上がるってのが理想的です。時には、気を使うことも重要ですが。

内向型は生きづらい!はどこまで本当か

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする