痩せる照明の選び方!ダイエットに効く光の色とは?

食事の量を減らす手段として、部屋の照明にこだわってみるのも良いかと思います。

 

人は口から食べているのではなく、目で食べている生き物と称されることもあるわけです。脳が受け取る情報の約8割を視覚が占めているので、食欲に与える影響もハンパないんです。

 

といっても、照明だけで本当に食べる量が変わるのか、信じがたい人も多いでしょう。

 

そこで、今回は部屋の照明によって、なぜ食べる量が減らせるのか、またどんな照明を使えば効果があるのかについて解説。

20種類の食品を6パターンの色で調べた

まずは、照明の色が食欲に与える影響を。東京都市大学が行った実験では、赤、青、緑の3つ色の証明を用意したんですね。

 

そして、濃い色と淡い色で食欲にどう影響するかを調べたわけです。(計6色)さらに、20種類の料理に対して実験を行い、料理による効果の違いも調査しました。

 

20名の大学生を対象とし、カフェを想定したスペースで、一つのテーブルに3〜4人で座る形式。

 

また、照明の色が目に馴染むように、食事を出す前に被験者たちに5分間の待機時間を設けております。

 

そして、出された料理の見た目から、以下の3段階で評価をしてもらったと。

 

  • 抵抗なく食べられる
  • 抵抗はあるが食べられる
  • 食べられない

 

青いランプや緑色のランプのカフェとか、むちゃくちゃ趣味が悪い感じもしますが。

 

で、その結果どうなったかというと、

 

白米は淡い色の時は72%〜100%の人が「抵抗なく食べられる」と答えた!

 

しかし、

「濃い青」「濃い緑」の時には抵抗なく食べられると答えた人が32%に減少!

 

また、トマトに至っては濃い青で12%、濃い緑で0%になってしまった。

 

という感じです。

 

なぜこういった現象が起きるかというと、濃い緑や濃い青は、カビっぽさや品質の悪さを連想させるから。

 

年末年始に買った餅を冷蔵庫で長期間保管しておくと、濃い緑色のカビができるかと思います。こうした、汚いイメージが無意識に想起されるため食欲が低下されるんですね。

 

また、濃い緑色の光を当てると食べ物の艶っぽさがなくなって美味しそうに見えなくなってしまうんだとか。

ただし、スイーツにはイマイチ効果ないようだ…

ただし、全ての料理に濃い緑や濃い青が食欲を減少させるわけではないんです。

 

実際に、スイーツで同じような実験をしてみると、濃い色の照明を当てようが、食欲に変化はなかったんですね。

 

20種類の料理のうち、デザート類(プリン、クッキー、ショートケーキ、みたらし団子、ヨーグルト)に関しては、照明による影響は少ないんだと。

 

その中でも、クッキーにいたっては濃い色の光を当てた場合であっても、72〜100%の人が「抵抗なく食べられる」と評価したんですね。

 

デザート類には、常日頃から着色料が使われていることが多く、いくら毒々しい照明を当てようとも、そういうお菓子なんだと思って受け入れちゃうらしい。

 

確かに抹茶入りのお菓子なんかは、濃い緑色してますもんね。あとミドリムシクッキーとか。

温度と色の一致も大切

白米は濃い青と緑で「抵抗なく食べられる」人が激減したという話をしましたが、唯一濃い赤の場合は食欲の減少は起こらなかったんですね。

 

しかも、抵抗なく食べられる人と評価した人は88%。

 

一方で牛乳で試した場合は、逆の結果が得られていて、「濃い赤」と「濃い緑」の時は28%〜32%人が抵抗なく食べられると答えたんですね。

 

そして、「濃い青」の場合は64%にアップ。

 

少し整理すると、

 

  • 白米は赤い方が抵抗なく食べれる
  • 牛乳は青い方が抵抗なく飲める

 

というわけですね。研究者によれば、白米はあったかいもので、牛乳は冷たいものという固定概念があるから。

 

これで言うと「温かいうちに食べて!」と言われるものは、濃い赤で照らされてもオーケーだと考えられますね。

 

 

また、他にもこの実験では、

ツヤのある食べ物は照明の色によって、鮮度や食欲に影響が出やすいことがわかっています。

 

また、コーヒーなど元々の色が濃いものについて、照明の色では食欲や見た目の印象に影響が出にくいことが確認されました。

 

揚げ物などを減らしたければ「濃い青」や「濃い緑」を使っていけば良いかと思います。

 

また、ソフトドリンクを辞めたい人は、赤いランプで照らしてやると、飲みたくなくるはず。

 

ただ、スイーツには照明テクは使えないので、別の方法を考える必要があります。例えば、トイレにスイーツの写真を貼っつけておくとか。食事制限にお困りの方はぜひ。

 

以下、今回の例を踏まえてフォトビュアーを。

 

引用:http://bake-jp.com/magazine/?p=8505

引用:http://15nao.ldblog.jp/archives/52455249.html

引用:http://ganyoboushop.com/item/hara/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください