姿勢を変えるだけで自信がつく「パワーポーズ」が否定された

 パワーポーズは「不安な時でも、自信のあるポーズをとれば自然と自信がわいてくる!」というもの。2010年の実験で分かった心理テクニックです。

 

こちらのエイミーカディによるTEDで有名になりました。

2016年には、パワーポーズをメインに扱った「パワーポーズが最高の自分を作る」という著書まで執筆されています。

 

 

その内容としては、

  • 動物は危険を感じる時には身を縮める
  • 逆に力を証明する時には大きく見せる
  • ならば、姿勢を変えてやれば、おのずと気持ちも変わってくる

 

本書では、パワーポーズを2分間とるだけで、恐怖を感じた時に出るコルチゾールが下がり、勇気のホルモンと呼ばれるテストステロンが増えたと結論付けています。

 

これは、不安を抱えがちな人にとっては非常に朗報で、たった2分間ポーズを変えるだけという手軽さもあってか、かなり人気を集めました。

だが、しかし効果が再現できない

 

で、近年のそのオリジナル論文の効果を確認する追試(2)が行われたんですね。

 

チューリッヒ大学の研究チームで、200名の男女を対象にしたもの。エイミー博士のオリジナル論文は参加者が21名だったんで、圧倒的に追試のほうが信頼性は高いですね。

 

実験の方法はエイミーカディが提唱するものと同じで、パワーポーズを取ってもらったあとで、テストステロンや態度の変化をチェック。

 

続いてギャンブルゲームをプレイしてもらい、リスクを取った自信のある行動に出るかを確認したわけですね。

 

その結果は、

 

  • テストステロンの増加しなかった
  • リスクを取った行動に出るようにはならなかった
  • しかし、一時的に気分が良くなった

 

みたいな感じ。パワーポーズは少しのあいだ気分がよくなるだけで、参加者が実際に自信がついたり、リスクを取ったりすることはなかったんですね。

 

他にも、

ミシガン州立大学の研究では、交渉テストをする前にパワーポーズをしてもらって効果がでるのか?という実験を行ったんですが、パワーポーズは再現できなかったわけです。

 

 

もちろん、エイミーカディ博士は反論。

 

新たな論文(3)にて、過去データ33件を持ち出して対抗しています。

 

  • パワーポーズの効果を事前に知っていると効果がないのかも
  • パワーポーズの時間が長すぎる可能性がある

 

といった部分を指摘。ただ、よく考えると事前に効果を知っていたら効果がなくなるとなると、本を読んだり、TEDを見てパワーポーズを実践してた人達は無意味ってことになりますね。

パワーポーズの生みの親すら否定

エイミーカディ博士が必死にパワーポーズの有効性を訴え続けるなか状況はさらにパワーポーズ否定派優勢になっていきます。

 

なんと、エイミーカディ博士と一緒にパワーポーズを生み出したカリフォルニア大のダナカーニー博士が、パワーポーズ否定されたわけです。

 

 

カーニー博士メインの主張は以下のとおり、

 

  1. わたしは「パワーポーズ」の効果を信じていない。その効果が現実にあるとも考えていない。
  2. わたしはもうパワーポーズの効果を研究していない。
  3. 他の人にパワーポーズの研究をするのも勧めない。
  4. もはや自分の授業でもパワーポーズを教えていない。
  5. 今後はメディアでパワーポーズについて語らないし、すでにここ5年間は語っていない(懐疑論がでてくるよりずっと前からだ)

参考:「パワーポーズ」の生みの親が「パワーポーズ」を否定しちゃった件

カディ博士から「裏切りもの!」という声が聞こえてきそうですが、この件でパワーポーズの信頼性は地に落ちました。

カーニー博士がパワーポーズ否定した一番の理由としては、オリジナル論文の研究での統計処理が甘かったとのことを挙げています。

実際よりも、効果が高く見えるように処理してしまったり、効果が高いと感じた参加者の意見だけを積極的に取り上げていたりなど。

 

ひと昔まえは自分の今の感情を、別の感情で紛らわす手法(例えば、笑顔を作れば楽しくなるなど)が有名だったんですが、最近ではネガティブな感情もしっかりと受けれましょうという風潮が強くなってきましたね。

 

別の感情で紛らわす手法には、確かに一時的には気分がよくなるんですんが、長期的にはメンタルを病んでしまうという報告が多いです。

 

パワーポーズもその一例で、少しの間気分がよくなりますが、効果は持続しないかったわけです。

 

というわけで、マインドフルネスの考え方からも言われているように感情を変えようとせず受け入れる方向で今後もやっていきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください