人見知りが激しい原因と対処法

  遺伝的な要素をのぞけば、成長して行く中で作り上げられた信念が人見知りの原因だといえます。

 

例えば、幼い頃に人間関係でトラブったことがある人は人見知りになりやすかったりします。

 

逆に周りにチヤホヤされながら育ってきた人は誰に対してもオープンに接するような傾向が強いです。

 

このように過去にどんな経験してきたかってことが、その人の信念を作るんですね。人見知りが激しい原因としては、過去から現在にかけて人間関係が上手くいかないことが多いかったってのが言えますね。

自分の信念を捉える

前途の通り、人見知りは過去の経験から作られた信念によってもたらされます。

 

なので、人見知りを治すには信念を変えるしかありません。ってところで参考になるのが認知行動療法です。

 

物事の捉え方を変えて行く心理療法ですね。認知行動療法では信念のことをスキーマと言いい、以下の3つの要素から成り立っています。

 

1.自己

自分をどうみているか、セルフイメージ

 

例:

自分は何をやっても人並み以下だ。

 

2.将来

未来にどんなイメージ持っているか

 

例:

何に対しても希望が持てない。

 

3.世界像

世の中や現実世界に対してどんな印象を抱いているか

 

例:

世の中努力しても報われるもんじゃない

 

自分の物事に対する捉え方を知ることが信念を変えるためのファーストステップです。

 

ただ、必死に自分の信念ってなんだ?と考えても出てこないか、本当は信念じゃないものを信念だと錯覚してしまうことがあります。

 

なので、信念を正しく見つける方法ってのがありまして、「自動思考のキャッチトレーニング」です。

 

  1. ミスをしてしまった→なんて自分は無能なんだろう
  2. 家族が家事を手伝ってくれない→わたしのことはどうでもいいと思ってるんだ
  3. 強面の人に出会う→性格もヤンチャなんだろな

 

これらすべてが自動思考です。思い込みみたいなもので、ある状況になったときに無意識で浮かんでくる思考のことを言います。

 

なぜ自動思考を捕まえることが信念を変えることにつながるかというと、自動思考の元となるのがスキーマだからです。

 

例えば、

「自分は何をやっても人並み以下だ」というスキーマがあるとしたら、

 

明日面接→他の人のほうが良い自己PRをするに違いない

 

といった自動思考が生まれやすくなります。つまり、スキーマが自動思考の生みの親なわけです。

 

自動思考を捕まえて、なぜこんなことを考えるようになってしまったのかを深掘りしていくことでスキーマにたどり着くんですね。

 

で、人間は、1日に何回も自動思考をしてるわけですが、その大多数は自分では気づいていないんです。

 

「あ、今を俺、先入観で物事を見てるな」とか「この考えは固定概念に囚われているな」と言った感じで、自分の考えを客観的に見てる人は少ないかと思います。

 

同じように自動思考も気づかないうち、浮かんでは消えていくので、意識して気づくことが大切なんですね。そこで、おすすめなのがメモることです。

 

「あ、いまのは自動思考だったなと」おもったら紙に書いていくんです。すると、振り返りもしやすいのでコスパもいいと思います。もっと詳しく自分の思考を分析したい人はコラム法なんかをやっとくと良いかと。

行動を変え、信念を確かめる

自分の信念が見つかったら、本当にその信念が正しいものなのかを検証します。

 

例えば、人見知り特有の「知らない人と話すと嫌な思いしかしない」といった信念があったとしたら、じゃあ実際に知らない人と話して見ましょうってことですね。

 

しかし、これはギャンブル的な側面があります。

 

仮に知らない人に話しかけて楽しく喋れたら問題はないんですが、無視されたり、言葉が詰まってシラけたムードを作ったりしては逆効果になるんです。

 

そこで役に立つのが「不安階層表」です。自分の中で1を全く不安感じない状態で、10を最大の恐怖だとします。

 

で、1〜10までの行動プランを立てていくんですね。そして不安の少ないものからやっていけばいいんです。因みに私が社交不安を克服しようと思い作ったのがこちら。

 

 

今んところ60ぐらいまではクリアできてますが、それ以上はなかなかハードルが高いですねー。まぁこんな感じで、不安度が低いものからやってくことで少しずつですが、信念を変えていくことができます。

 

不安や恐怖を感じることを実際にやってみて、「意外とそうでもなかった」と体感することで信念が変わり、克服できるようになります。これは心理療法が始まった初期の頃から使われている技術です。

 

激しい人見知りを克服したい方は、シンプルに人と話す回数を増やしてみるのもアリではないかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください