人見知りの挙動不審を治す心理学

人見知りは知らない人の前に出ると挙動不審になってしまい、周りから変な目で見られることは日常茶飯事です。

 

人見知りな人は社交的な場面になると、全然緊張するような状況ではなくとも、テンパってしまいます。

 

ちなみに、この原因はわかってて、脳のワーキングメモリがいっぱいになってしまっているからなんですね。

 

対策としては、思考を紙に書き出すって言う方法が最も効果的なんですが、人と会って不安を感じる度に紙にカキカキしていたら、頭おかしい人に思われかねないです。

 

といったわけで、根本的にワーキングメモリがいっぱいにならない方法をご紹介します。不安や恐怖に頭を支配されないようにトレーニングを積んでいくことが大事なんですね。

挙動不審の原因

相手や他人に変に思われないようにするあまり、逆に緊張してしまい挙動がおかしくなるのが一番の原因。

 

これは、当ブログでは良く出てくる、シロクマのリバウンド効果とよばれるもの。

 

心理学の有名な実験で「白熊の事は絶対に考えないでください」と言われてしまった人は、どうしても白熊のことを考えたくなると言う人間の心理ことをいいます。

 

〇〇してはいけない!

〇〇すべき!

 

といった思考はすべて、裏返ってしまうわけですね。寝よう寝ようと頑張っても眠れないみたいな。

 

人見知りの人は過度に良く見られようと思っていたり、変な人に思われないようにしようと言う気持ちが強すぎるんです。

 

その結果、失敗に目が行きやすくなったり、変な人だと思われる!という考えになってしまいます。

 

なので、シロクマのリバウンド効果を止める方法はただ1つです。

 

それは「〜べき思考」をなくしていくことです。どうなってもいいと思うことができれば基本的にシロクマがリバウンドすることはないんですね。

今に集中する

というわけで、自分に制限をかけるような思考を止めるための最初の段階としては、今に集中するって事です。

 

例えば、人からよく見られなければならないとか、変な人だと思われてはいけないと言う思考は、過去か未来に意識が行ってしまっているんですね。

 

変な人だと思われた結果、周りから孤立してしまったなどの経験をした人は普通でいないとという気持ちが強くなります。

 

また、人から良く思われることで、友達や彼女ができたりする!みたいなイメージを持っている人は未来に意識が言ってますね。

 

こういった、「〜べき思考」には過去の恐怖や未来への期待が隠れています。こいつに過度に意識を向けてしまうと今やるべきことが手につかなくなってしまうんですね。

 

これは、普通にしゃべったり普通に歩いたりする時にも影響が出てしまいます。

 

人よく見られないといけないと言う概念に囚われしまっては、歩いたり、喋ったりすることさえもできなくなってしまうんですね。

こだわりを捨て、受け入れる

先ほど説明した「〜べき思考」を止めるって話にも近いんですけど、自分がこだわっている物を捨てることも重要になってきます。

 

集中することで確かに不安や恐怖をの影響影響を受けづらくすることができるんですが、不安や恐怖が大きすぎると集中がかき乱されることがあります。

 

例えば、人前でスピーチすることは、一言一言に集中することで、かなり普通にしゃべれるようになったが、バンジージャンプは今に集中しようとしても、恐怖や不安に意識が言ってしまう。

 

といった感じで、恐怖の度合いによって集中できるものと、集中できないものがあったりします。

 

ここで重要になってくるのが、アクセプタンスと言う概念。

 

今、恐怖を感じている自分を客観的に見て、受け入れることで、思考と現実を切りが離すことができるんですね。

 

大抵の場合、バンジージャンプが飛べないってのは、命綱が切れたらどうしようという不安から来てると思います。

 

これは、「認知的フュージョン」と言う状態になっていまして、思考と現実を融合させてしまっているわけですね。頭の中で起こっている恐怖と現実と混ざってしまっているんです。

 

この時、自分を観察し、受け入れることに思考と現実の間に距離が生まれるわけです。

 

その結果、恐怖を感じながらも行動することができるようになるんですね。

 

この思考と現実の融合への対策としては「脱フュージョン」と言う技がかなり効果的。このテクニックについては別の記事で詳しく書いてますので参考にしていただければと。

 

というわけで、人見知りが挙動不審になってしまう原因と対処法について書いてきました。

 

あとは、アドラー心理学なんかを学ぶと嫌われる勇気が少なからず得られますんで、挙動不審対策にはいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください