職場で誰も話しかけてこない原因を挙げていきます

職場で誰も話しかけてこない場合、周りから避けられている可能性も否定できません。しかし、単なる思い込みの可能性もあるのも事実。

 

その辺りは状況によって変わってくると思いますが、考えられる原因を思いつく限り挙げてみましょう。

よくわからない人だと思われている

人間にはわからないものは怖いものと捉える性質があります。

 

もしあなたが周りの人に自分の趣味や嗜好などをあまり語らないタイプの人だったら、よくわからない人だと思われている可能性が高いです。

 

分からないものは、怖いものと考えてしまい向こうから積極的に話しかけてこないんですね。

 

まだ、自分のプライベートな話しを周りにしていなければ、それが原因の可能性が高いです。

 

で、さらに相手と会話をする時は共通点を探していくように努力しましょう。人間は自分にしか興味がない生き物です。なので、極力自分と似ている人に好感を抱きます。

単なる思い込みかもしれない

前途の通り、職場の人から話しかけられない1番の理由としては自分からアプローチをしていないと言うことが挙げられますが、自分が避けられていると思い込んでいる可能性も結構あったりします。

 

この場合、見極めが重要になってくるですが、これはどの程度話しかけられないかというレベルによって判断することができます。

 

少し雑談ができたり、仕事と関係のない話を多少なりとも仕掛けてくる場合には、思い込みである可能性が高いです。

 

ほんとに必要最低限の事しか話せないような関係だったら避けられている可能性があります。また、自分が何を言っても微妙な反応だったりする場合にも同じことが言えます。

尋問のテクニックで探る

職場で自分が避けられているかどうかを見るポイントについていくつか書いていきましたが、これだけでは少し判断材料が少ないかと思います。

 

そこで、さらに相手から情報を引き出すための技術を使って自分が周りからどう思われているのかを探っていきます。

 

探るための手段はいくつもありますが、一番簡単な方法は相手に聞いてしまう事です。職場の中で、最も自分を避けていそうな人に質問をするんです。

 

ただ直接聞くと変なやつだと思われる可能性もあります。なので、少し視点を変えて聞いていきます。

 

「職場の中で苦手な人はいますか?」

 

という感じで聞きます。もし、この切り口だと聞きにくいという場合は、

 

友達が職場で孤立してると言う話をして、その人にアドバイスを求める。

 

という戦略を使っていきます。で、ここからが重要で相手の反応を見ましょう。

 

 

明らかに挙動がおかしくなった場合には、やましいこと可能性が高いです。相手がしっかりと相談に乗ってくれる場合には、あなたが避けられている可能性は低いといえましょう。

 

ここまでの流れはあまり硬くならずに、ゲーム感覚で行っていく余裕をもってできるかと思います。

 

まだ、自分のことをあまり話していない場合はそっちを優先にやっていきましょう。やはり、雑談ぐらいはできるような関係にしていかないと、尋問のテクニックも使いづらいので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください