アドラー「劣等感はあっていいが、思い込みすぎはNG」

 他人とくらべて自分は劣っていると感じる劣等感。こいつのせいで、やりたいことを踏み止まってしまったり、自信を失ってしまうこともよくあります。

 

しかし、アドラー心理学では劣等感があることは悪いことではない、むしろいいことだと伝えています。

劣等感を抱えている人は自分をよく知っている

一見、劣等感は自分の短所とか、いやな部分というイメージが大きいのでネガティブな印象がありがち。

 

しかし、見方を変えれば、劣等感を抱えていることは自分のマイナスところを受け入れられているという証拠にもなるのです。

 

アドラー心理学では、他人とのつながりを感じられるようなるには「自己受容」することが大切だといいます。

 

自分のいい面も悪い面も受け入れることは人間の幸福度を高める一つの要素なんですね。

 

つまり劣等感を自覚していることは、イコール幸福への第一歩を踏み出しているということなのです。

 

ただ、この話をすると違和感を感じる人が多くいます。自分は他人よりも劣っていると考えると、自信がなくなり、自分の意見も言えなくなり、人の顔色をうかがって、本当にやりたいこともできなくなるじゃないかと。

 

正にその通りなんですが、今まで話していたアドラーの言う劣等感と一般的に知れ渡っている劣等感のイメージにはかなりズレがあります。

 

また、劣等感の対になる言葉として「優越性の追求」というものがあります。人間は無力な存在として生まれ、その状態から抜け出したいという欲求を持つんですね。

 

サッカーが上手くなりたい、もっと快適な家に住みたい、仕事ができるようになりたい…などなど。

 

この「優越性の追求」があるから劣等感が生まれ、自分は他人と劣っていると感じるんだと。

 

この「劣等感」と「優越性の追求」をうまく使って努力をしていけば自分の理想に近づけるんですが、これがコンプレックスになってしまうと困り者。

アドラー心理学が否定する2つのコンプレックス

アドラーは「劣等感」や「優越性の追求」はあっていいとしているものの、以下の2つのコンプレックスが自分らしく自由に生きることの妨げになっていると言います。

 

1.優越コンプレックス

どうせ俺はできるから、努力なんかしなくてもいい。

 

2.劣等コンプレックス

どうせ俺には無理、やっても無駄、恥を書くだけだ。

 

おそらく、多くの人が思い描いている劣等感ってのは後者だと思います。

 

自分は他人のよりも劣っているから、どうせ何をやってもダメなんだと言った考え方や、その気持ちを紛らわそうとして劣等感を自分以外の誰かのせいにしたりすること。

 

で、もう一つ。劣等コンプレックスの真逆に優越コンプレックスというのがあります。

 

自分はできると思って努力しないことはもちろん「どうせあいつには無理だ」と言った感じに他人を過小評価してしまいます。自分にやさしく、他人にきびしい!みたいな。

思い込みに左右されないような努力をする

この2つのコンプレックスは、事実を見ようとせずに、自分の思い込みによって判断することで引き起こされます。

 

劣等コンプレックスは「自分は何をやっても無駄だ…」と自分を否定しますが、なにをやってもうまくいかない人なんていないはずですよね。

 

こぼさずにコップに水を注ぐことができたりとか、歩いて家まで帰れたりなど、どんなに小さいことでも上手くいくことはあるはず。

 

ただ「自分はダメな人間なんだ」という思い込みから、失敗ばかりに目が行き、最終的に自分はなにをやってもダメだと考えるようになるんですね。認知の歪みでいう、全か無か思考みたいな。

 

優越コンプレックスもこれと同じで、事実を見ようとせずに、「自分にはできる」とか「あいつには無理だ」という思い込みを作り上げます。

 

その結果、思わぬ障害にぶつかったり、他人から信頼されない不幸な人間になってしまうんです。

 

というわけで、劣等感とは自分の劣っている部分を客観的に捉えて、それを認められる事のことを言います。

 

とはいえ、アドラー心理学では、全ての人間は主観の中で生きているとしているので、100%客観的に捉えるのは無理。ただ、できる限りの努力は必要ですよーという話しでした。

 

まぁこの辺は「認知療法」とかで地道にやってくしかないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください