爆発的な食欲の原因は脳が「あの快感」を忘れずにいるから

食欲が生まれるメカニズムについて書いたときに軽く触れた部分なんですが、「ドーパミン中毒は食べ過ぎの原因」です。という話をしました。

 

少しおさらいしておくと、食欲には大きく2つの種類があります。

 

  • 栄養を補給するための食欲
  • 食の快感を得るための食欲

 

エネルギーを手に入れるための食欲なら適量で済むんですね。

 

しかし、快感を得るための食欲には依存性があり、腹が減ってなくても脳が求め続けてしまいます。

 

いわゆる「セットポイント」が正常に機能しない状態。

 

こうなると、食欲は爆発。ドカ食いや過食につながってしまうんですね。

 

そこで、今回は報酬としての食欲を止めるためにはどうしたらよいか書いていきます。

食欲を爆発させる「依存性」の高い食べものTOP10

まずは具体的に何を食べたら「依存症」になってしまうのかについて。

 

ここで参考になるのがミシガン大学から出た論文です。

 

これは120人を対象に食物の依存性を調べるテストを受けてもらい、中毒性高い食べ物のランキングにしてくれたもの。その結果は、

 

1.ピザ

2.チョコレート

3.ポテトチップ

4.クッキー

5.アイスクリーム

6.フライドポテト

7.チーズバーガー

8.清涼飲料水(加糖)

9.ケーキ

10.チーズ

 

出典:Which Foods May Be Addictive? The Roles of Processing, Fat Content, and Glycemic Load

 

いかにも体に悪くておいしそうなものばかり並んでいますねぇ。

 

これは血糖値を急激にあげたり、脂肪の量が多かったりで脳が喜ぶ要素満載。

 

ポテチも一回手を出すと、止まらくなる感覚があります。

 

このランキング以外にも、甘いもの、脂肪分が多いもの、カロリーが高いもの、苦みが少ないものには注意が必要。

加工食品は「依存性」を究極に高めている

食品業界は利益を得るために必死で頭を掻きむしりながら、どうしたら人が「また食べたくなる」ような味を作りだすかを毎日考えています。

 

私たちの脳は「砂糖、塩、脂肪」には目がありません。

 

食品業界はこれを当たり前のように知っており、自社の商品に容赦なく大量に入れています。

 

しかし、様々な研究によって報酬としての食事が肥満の原因だと指摘されおり、現在は健康について大きな問題となっています。

 

ただ、食品業界も競合他社に勝つために必死なので、おいそれと食品の「依存性」を下げられないのが現状。

 

なので、食品の「依存性」から身を守るには加工食品をなるべく取らないように心掛けるしかないんですね。

 

肥満な人ほど加工食品を我慢できない

今まで、好き放題加工食品を食べていた人は、いきなり加工食品を止めようとしても難しいかと。

 

実際に、BMI(肥満指数)が高い人ほど加工食品の誘惑に負けてしまうことが多いという研究もあります。

 

今までの生活のなかで日常的に加工食品を食べている場合は我慢できる範囲でいいので、制限してみましょう。

 

「土日はお菓子や甘いものは食べない、平日は気にせず食べる」とかでもOKです。

加工食品の見分け方

一口に加工食品といっても漠然としすぎていて「これは食べていいのか?」みたいな感じになりますので、判断基準も載せておきます。

 

1.原材料の原型がわからないもの

例えば、ケーキやクッキー、ポテチなんかは原材料の面影を感じられません。一方でフルーツや野菜などは原材料そのもの形をしていますね。

 

なのでコンビニでもサラダなどは食べられます。

 

その食べ物を見た時に原材料に近い形をしてるかってことがポイントですね。

 

2.原材料名に書いてあったらNGなものリスト

砂糖、植物油脂、人工甘味料(スクラロース、アスパルテーム、アセスルファムKなど)精製穀物、果糖ぶどう糖液糖、食品添加物(ソルビン酸カリウム、タール色素、グルタミン酸など)、でんぷん、小麦粉

 

と、挙げ出したら切りがないんですけど、とりあえず上記のものを避けていただければと。

 

よくわからない名前のものが入ってて、判断しかねる場合はググール先生に聞いてみてください。

 

というわけで、加工食品は報酬度の高いものが多く、脳が追い求めてしまうのでダイエットする際は撤廃するのが好ましいです。

 

ただ、いきなりゼロにするのはちょっと・・・という方は少しずつ減らしていただければOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください