視床下部が食欲を生み出す!脳の暴走を食い止めろ

今まで体重を一定に保つセットポイント理論や、脳が飢餓状態になるレプチン抵抗性についてお話ししてきました。

 

この2つの太る仕組みに共通する話題が脳の視床下部の働きです。

 

視床下部は人間の本能的な行動促します。もちろん食欲も視床下部によってコントロールされています。

 

今回は食欲と視床下部の関係性を説明しながら、食欲が生まれる仕組みについて書いていきます。

食欲が生まれる原因

視床下部は食欲に関係するホルモンであるレプチン、グレリン、GLP-1、PYYなどによる刺激を受けとります。

 

これらのホルモンから得られた情報を元に、

 

「もっと食べろ」

「もう食べなくていいだろ」

 

みたいな判断を下します。

 

つまり、視床下部の一存で食欲が上がったり、下がったりするんですね。

 

また、食べ過ぎてレプチンが大量分泌した場合、お腹いっぱいなのに脳が暴走して食欲が止まらなくなるレプチン抵抗性引き起こします。

 

食欲には以下の2つの種類があって、

 

  • エネルギー不足を防ぐための栄養摂取としての食欲
  • おいしいものを食べたい、食の快感を味わいたいという報酬を求める食欲

 

1つ目は生命維持のためなので適切な量を食べます。

 

しかし、 2つ目の報酬を求める食欲には歯止めが効かないので、とくに腹が減ってなくてもバクバクたべてしまいます。

 

レプチン抵抗性はお腹いっぱいだけど脳が飢餓状態になっているので報酬を求めてるわけではないんですが、視床下部が生命の危機だ!と勘違いしています。

 

報酬としての食欲も視床下部が関わっているんですね。

 

視床下部から報酬系に働きかけて、ドーパミンを分泌させ快感を作り出します。

 

たまに仰天ニュースで1日中食べ物を食べてないと気が済まない巨漢を取り上げていますよね。

 

これはドーパミン中毒とレプチン抵抗性を同時に引き起こしてると言えます。

正常な食欲は体内時計で決まる

視床下部には体内時計をコントロールする働きもあります。

 

以前、視床下部の仕組みについて説明した記事で睡眠不足は異常な食欲の原因になるって書いたんですが、これは体内時計が狂ってしまうため。

 

例えば、夜遅くまで明るい光を浴びていると視床下部が朝だ!と勘違いしてしまい脳を覚醒モードにします。

 

すると、布団に入っても寝付けない、睡眠の質が悪くなります。

 

睡眠の質が悪くなると、ストレスにうまく対処できなくなるので、報酬としての食欲が増したりします。

 

また、視床下部には毎日を食事している時間にお腹を空かせる仕組みがあります。いわゆる腹時計ですね。

 

夜に多く食事している人は太りやすい時間にお腹空くようにセッティングされてしまいます。

 

こうなると夜食な走ったりと、デブまっしぐらな生活に突入です。

 

実際にオレゴン健康科学大学のスティーブン・シア氏の研究では、健康な体重の12人を対象に薄暗い実験室で、食事や睡眠といった日常生活を13日間すべてスケジュール通りに行ってもらったんですね。

 

で、サーカディアンリズム(体内時計)と食欲や食事摂取量などの関係を調べたと。

 

その結果、午前8時に最も食欲は低下し、午後8時に最も増えることが分かりました。

 

さらに体内時計が食欲に影響しており、甘いものや炭水化物の多いもの、塩辛いものを食べたくなるのも体内時計のリズムによるものなんだとか。

 

スティーブン・シア氏によると、

多くの人は、夕方から夜にかけて空腹感が強まる傾向がある。夜に高カロリーの食品を食べてしまう人は、肥満になりやすい。このことは最近の肥満の増加にも影響している。

出典:news.ohsu.edu/2013/04/29/study-explains-what-triggers-those-late-night-snack-cravings

 

私も学生の頃、試験勉強するときにガッツリ夜食してたんですが、試験が終わっても夜中にお腹すくことがあったなぁ。

異常な食欲を正常にするには

ここまで内容をまとめると、

 

  • 食べ過ぎると食欲が暴走する
  • ストレスを感じると食欲が暴走する
  • 夜に高カロリーな食事すると食欲が暴走する
  • 摂取のための食欲は正常

 

これが食欲の正体。

 

報酬としての食欲の原因を少なくし、エネルギーを取り入れるための食事をメインでおこなっていけばOK。

 

人間はもともと太らない生き物なので、正常な食欲に従った食生活を送っていれば肥満とは無縁になります。

 

ならば、脳の暴走を食い止める方法を実践すればOKってことで、挙げてくと、

 

 

この4つを抑えていただければ、正常な食欲しか沸いてこなくなります。

 

また、食べる量も少なくなり肥満体型が健康的な体型になります。

 

というわけで、視床下部と食欲について説明していきましたが、なぜ食欲が沸いてくるのか?ってのが分かれば止める原因も分かります。

 

ぜひとも、視床下部をストレスや不規則な生活から守ってやってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください