結局、本当に痩せるダイエット法はどれだ!

今、実践してるダイエットがなかなか結果でない時に、人気の最新ダイエット!なんかが生まれたりして、そっちに目が行っちゃうこともあるかと。

 

そこで、今回は結局、一番効果のあるダイエット法ってどれなの?ということについて考えてみます。

11種類のダイエット法を調べた結果・・・

これはカナダが行った研究で、7,286名分のダイエットデータを統計処理したもの。

 

低糖質や低脂肪など11種類のダイエット法をくらべて「最強のダイエット」を決めようとしたんですね。

 

ちなみに研究で使用されたのは以下のダイエット法。

 

  1. アトキンスダイエット
  2. ビゲストルーザー
  3. ジェニー・クレイグ
  4. LEARNダイエット
  5. ニュートリシステム
  6. オーニッシュ
  7. ローズマリー・コンリー
  8. サウスビーチ
  9. ボリューメトリクス
  10. ウェイトウォッチャーズ
  11. ゾーンダイエット

 

この11種類でダイエットで重要とされている糖質制限や脂質制限、エクササイズなどをすべて押さえられてる感じです。

 

日本ではあまり耳にしないダイエット法ですが、アメリカではメジャーなものばかり。

最強のダイエット法は存在しない

で、結果どうなったかと言いますと、最初の半年間経過した時点では、低糖質系のダイエットが最も効果は高かったんですね。(平均8.73kg減)

 

しかし、他のダイエットと比べるとそこまで差はないとのこと。

 

1年経過した時点でも低糖質系(7.27kg減)と低脂肪系(7.25kg減)とほぼ体重の減りに差はなかったという結果に。

 

データ的には低糖質ダイエットの方が勝ちなんですが、なにせ僅差なものなので、一概にどのダイエットがいいとは言えない感じ。

 

なので、結論としては「最強のダイエット法など存在しない!」ということですね。

 

痩せない人の特徴としては、存在しない最強のダイエット法を探し続けること。

 

結果どのダイエット法でも1年続ければ7㎏は落ちるので、シンプルなものでも続けること大事というとですね。

最強のダイエット法は「続ける」こと

というわけで、どのダイエット法が一番効果がありますか?という質問の答えは「続けること」です。

 

何を食べたら痩せるか?とか、どんな運動をしたら痩せるかを考える前に「どうしたら、続けられるか?」を考えた方が効果がありそう。

 

実は、私が心理学を使ったダイエットを提唱してるのもそういった背景があります。

 

ダイエットは言ってしまえば自分との戦いで、誘惑に流されない強いメンタルが必要。

 

そこで、このブログではセルフコントロール能力を高める方法をアップしております。

 

シンプルな方法でも続ければ必ず結果は出ます。

 

なので、なるべく一つの方法を少なくとも1年以上続けてみると効果を実感できるはずです。

まとめ

さて、今回は色んなヨコモジのダイエット法が並んでたかと思いますが、そんなかっこいい名前のダイエット法でも続けなければ意味がないんですね。

 

逆に続けることさえできれば、ただ歩く量を増やすだけでも長期的にみれば痩せることができます。

 

得に考えすぎずにシンプルな方法を愚直に続けていくだけでOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください