アメリカで流行りのハンドスピナーって本当に集中力上がるのか?

今、アメリカでは「ハンドスピナー」というオモチャがバカ売れしてます。会社や学校でもハンドスピナー禁止令まで出されてるんだとか。その波が最近日本にも来ているわけです。

 

で、ハンドスピナーはもともと無筋力症の子供向けに作られたんですが、その効果はADHDや自閉症患者にも心を落ち着かせる効果があるんだとか。ちなみにハンドスピナーとは以下のようなものです。

無筋力症のためのオモチャなのになぜ集中力UP?

色々と調べてみたところ、集中力UPを謳っている宣伝が多いんですね。

 

そして、どこの販売ページもADHDや自閉症に効くっていう理由が具体的に書いていないんですね。中毒性が半端ないので、無性に回したくなって、そのせいで集中力が上がったように感じるだけでは?と個人的には思ってしまいます。

 

本来は無筋力症を改善するために作られたものなので集中力UPは疑問。

 

しかし、一概に否定もできず、実際にオックスフォード大学が行った600人を対象とした研究ではペン回しで学習効率が3倍になるという結果もあったりします。

 

さらに、ジェスチャーで創造力が跳ね上がるっていう研究もあったりしますので、そのたぐいの効果はあるかもしれません。

 

ただ、ハンドスピナーの効果はあまり詳しく検証されてないため何とも言えないんですよねー。

ハンドスピナーには科学的根拠はない

ハンドスピナーを売ってる販売ページなんかを見ますと、やたらとストレス解消とか集中力UPという言葉が並んでいますが残念ながら効果に根拠はないんだとか。

 

デューク大学の臨床心理学者スコット・コリンズいわく、

ADHD向けに販売されてるゲームや製品があるが、基本的には科学的根拠はない。

 

との見解を示しておられます。集中力UPを謳った商品はいくつもありますが、本当に効果があるものは限られているのではないかと。さらにもう一つ。

 

カリフォルニア大学デービス校神経発達障害研究所ジュリーシュワイツァーによるとADHDに効く証拠はないとのこと。地元紙の取材には、

「確実に効果がないと言いきる訳ではないが、裏付けはない。明らかなのは、気を散らすこと」

 

と答えていたそうです。このように専門家から見てハンドスピナーの効果は怪しいところ。シュワイツァーさんに関しては、逆効果じゃね?という指摘までしてて、ちょっとびっくりしました。

ハンドスピナーは集中しなくても回っている

個人的には、ハンドスピナーってどの角度でも回しても回り続けちゃうのが、集中力UP効果のあやしい部分です。

 

一定のバランスで保っていないと回らなくなるなら、注意力が鍛えられそうだなーと思うんですが、不安定な状態でも回りつづけてるなら、スマホいじりながら回しても大丈夫ということになります。

 

集中力UPに半端ない効果をもたらすマインドフルネス瞑想も、意識がそれたら戻すというのを繰り返すことによって、集中力が鍛えられるので、ハンドスピナーも注意を持続しないといけないように作っていれば集中力とか鍛えられそうなんですけどね。

 

まとめ

というわけで、ハンドスピナーには集中力UPやストレス解消などの効果は期待せずに回す感覚を楽しむオモチャとして見ていただければと。無限プチプチみたいな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください