人間関係が健康にもたらす影響が凄まじい件

いくら健康に気を使っていても人間関係がおろそかになってしまっては、意味がなくなってしまいます。

 

実際に孤独はタバコ喫煙者と同じくらいの健康被害があるとも言われています。しかし、最近では孤独は喫煙者の2~4倍もの心臓病のリスクがあるという話も。

 

このように人間関係は意外にも健康と大きく関係しているんですね。そんなわけで、今回は人間関係が健康にどんな影響を与えるのかってことについて書いていきます。

人間関係のレベルがわかるチェックリスト

ってことで、孤独のレベルとか人間関係がよくないとかって主観的なものになってしまうので一応基準を出しておこうと思います。いくつ当てはまったか数えてみてください。

 

□他人に価値があるというよりかはトラブルの元だと思う。

□最近、以前よりも人との距離を感じている。

□相手が自分に連絡してくるのを待っていて、自分からすることはあまりない。

□自分の人間関係は、自分が世話する方で相手から世話されることはないと思っている。

□人間関係において、他の人は自分のことしか考えてないと思う。

□孤独である。

□ふたり以上の人と同時に合うのはややこしいとか面倒だと思って、社会的な集まりは避けてしまう。

□人間関係においてはたいてい受け身の立場だ。

□自分が社会的に憶病で、人間関係を作ることや、それを維持することができないと思っている。言い換えれば、やってみる価値はないと思っている。

□うまくいかなかった人間関係や愛する人を失ったことで傷つき、また失うことを恐れて再び誰かを信頼することが難しくなっている。

出典:ブレイン・バイブル

 

いかがでしょうか。ちなみに種明かしをすると、これは一つでも当てはまれば、孤独で人付きあいで得られる恩恵を受けられてないとのこと。けっこう厳しい基準ですよね。

 

孤独は炎症を引き起こし、免疫力を下げる

ライフサイエンスが報じた研究では、孤独が炎症の原因の一つであり、さらに免疫力まで下げてしまうといいます。

 

炎症は万病のもとと言われており様々な健康被害を引き起こします。免疫力もご存知の通り、病気から身を守ってくれるもの。

 

一人暮らしの人は生活習慣が乱れやすく、睡眠時間がすくなかったりしてストレスケアうまくできていなことが原因なんだとか。

 

さらに、もう一つは孤独という精神的苦痛が炎症を引き起こしているともいいます。

 

ブリガムヤング大学のジュリアン・ホルトランスタッド博士によると、孤独でいることや孤独だと感じることは病気のリスクを30%もUPさせるとのこと。

 

孤独はメンタルを崩壊させ、うつ病を引き起こす

これはなんとなく、想像がつきそうですが孤独になると鬱になります。これはコロラド大学の研究。うつ病の被験者に積極的に人と関わるようにすると、うつ症状の改善が見られたんだとか。

 

孤独な時はストレスホルモンである、エピネフリンとコルチゾールが分泌して、ネガティブになり、うつの原因になってしまうんですね。

 

ピッツバーグ大学の研究では、抗うつ剤を使うよりも人とコミュニケーションとる方がうつ症状の改善効果が高いんだとか。

 

私も一日中家に引きこもったりしますが、夕方ぐらいになるとかなり鬱っぽくなってました。

 

やはり、人間関係は健康にとって非常に重要なポイントで、適度に人とコミュニケーションをとることが大切なんですね。

ストレスホルモンで感染症にもかかりやすくなる

このエピネフリンとコルチゾールが血流に入ると、ウィルス感染症を引き起こすということが分かっています。これによって、遺伝子レベルで体に変化が起こってしまうんですね。

 

2007年にカリフォルニア大学の遺伝子研究者のスティーブ・コール博士の研究チームが行った実験では、孤独な人とそうでない人の細胞に大きく2つの違いがあることを発見。

 

  • 慢性炎症になりやすくなっている
  • ウィルス感染症を防ぐ遺伝子の働きを弱めてしまう

 

なので、孤独な人はインフルやノロにかかりやすくなってしまうんですね。炎症の話がなんども出てきてますので、孤独はとにかく健康に悪いってはっきりと言えるでしょう。

老化が進む

さらに孤独や人間関係で受け身の立場にある人は、老化が加速することが分かっています。これは染色体を保護するテロメアが短くなることが原因と言われています。

 

テロメアが長いほど若くで、短ければ老けてしまうんですね。このテロメアの長さを決めているのがテロメラーゼです。予防接種などの免疫反応に繰り返しさらされたり、細胞が老化することで減少していきます。

 

テロメアの長さによって、心臓病や糖尿病、アルツハイマー病のリスクが上がってしまうことが分かっています。

まとめ

そういうわけで、かなり人間関係は健康に影響を及ぼします。まとめると、

 

  • 炎症が起こる
  • 免疫力が下がる
  • 鬱になりやすくなる
  • 感染症にかかりやすくなる
  • 老化が進む

 

これだけの悪影響があるんですね。なので、結構人づき合いって健康にとって重要なんです。ちなみにコミュ力を上げる方法に関しては当ブログでいくつも紹介していますので参考にしていただければと思います。

参考

http://www.livescience.com/26431-loneliness-harms-health-immune-system.html

http://www.livescience.com/52888-loneliness-health-inflammation-viral-infections.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください