食事に集中しないことが太る原因

あなたは考え事をしながら食事をしていませんか?テレビをみながら、スマホをいじりながらと食事に集中しないでいると食べる量が多くなってしまうんです。

上の空で食べるとどれだけ食べたかが分からなくなる

食べることに集中してない状態では満足感が得られるにくくなるんですね。いつまででも食べていられるような気がする状態になり、必要以上に食べてしまいます。

 

人はお腹が減ってるから食欲が上がるのではなく目の前に食べものがあるから食欲が出るってこともわかっているんですね。

 

なので、無意識に食べてしまうとあればあるだけ口にいれてしまうんです。例えば、映画をみながらポテチを食べていると無意識に手が進んでいて、気がつくと無くなってた。みたいな。

 

このながら喰いが太る要因としてはかなり大きいです。私も集中して食べてない方だったんですが、味や食感などに集中すると少ない量でも満足感を得られました。

 

マインドフルな食事が食べ過ぎを防ぐ

これはマインドフルネスの考え方と同じで今ここに集中することで不安やイライラからくるストレスによるドカ食いを防いでいるんですね。

 

フラられたショックからドカ食いしてしまった。とか、日曜の夜に明日からまた仕事で頑張らないといけないからという理由で酒と揚げ物を胃の中へ送り込んだ。などストレスによる食べ過ぎはよくあると思います。

 

これは、間違えなく未来や過去に意識が行ってるので、大食いができるんです。何かを解消しようとする時はいつもよりガッツリと食べれるんですね。

 

マインドフルイーティングのやり方

食事に集中しよう!って方法なんですが具体的には、

 

  • テレビや本、スマホなどをみながら食事をしない
  • 最低20回は噛んで食べる
  • 五感をフルに使う

 

ということですね。

回数を数えるってのがよくて、例えば一口は30回噛むって目標を立てたら、1回噛みだしたら30回まで数えたくなってしまいます。

 

これはマインドフルネスの世界でもテクニックとして存在してまして「ラベリング」といいます。

 

今ここに集中しろ!言われても人間なかなか難しいところ。しかし、回数を数えることを意識すると今に意識を集中しやすくなるんだとか。

 

よく噛むことで満腹中枢が刺激され少ない食事でも満足感が得られるというのは有名な話。

 

食事中は五感を使って食べることを意識するとGood。

 

香りや音、見た目の色を楽しんだあと食感や味わいに集中する的な。たくあんとかポリポリ音がなるんでやりやすいかもです。

 

だだ、これ簡単そうに見えて意外に難しいんですよ。結構食事中に無駄なことを考えているんだなーと気づかされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください