独り言で会話の練習をする方法

シェアする

会話下手を直したきゃとにかく人と会話しろ!っていう方法がありますが、そんなこと言われても会話できないから困ってるんじゃんと思ったことが何度かありました。

しかし確かに、実際に人と話すことが一番手っ取り早い方法なんですが、話しかけられないということは目標のハードルが高すぎるんですね。

なので、まずは自分ができるところから始めて、少しづつ会話力をつけていけばよい!ということで一人でできる会話トレーニングをいろいろと紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

独り言でも会話力は鍛えられる

これは、文字通り一人でひたすら会話をするという方法です。とりあえず目についたもので、例えばイスを会話のネタにするとしましょう。で、声に出して椅子について語りあうんです。

自分A「この座り心地いいね」

自分B「え、マジで?別にそんなに良くはないと思うけど」

自分A「いや、このふかふか感がさぁいい感じなんだよね」

自分B「あー俺、ふかふかな椅子あんま好きじゃないんだよ」

自分A・・・

これをひたすら続けるんですね。で、普段あまり会話してない人だと意外と次に返す言葉が思いつかなったりするんですよ。自分と話してるのに。なのでこのトレーニングで相手がいったことに対して、すぐに打ち返す力と会話のネタを見つける力が身に付きます。

ただ声に出すってのがかなり重要なポイントで、声に出さないと単なる考え事になってしまうんで意味がないんですね。

できれば、普通に話すときぐらいの声の大きさで話すのが理想です。しかし、町中でやるとかなりヤバい奴なんで、そういう時は小さめの声でOKです。

写真をつかって相手を意識する

一人で練習する際に気を付けないといけないのが「相手を意識する」ってことです。相手を意識しなければ、仮に一人で練習して会話がうまくなったとしても実際に人と面と向かったときに、話せなくなってしまいます。

なので、一人ごとの練習をしているのと同じことになってしまうんですよ。練習するときの効果的な方法としてなるべく本番と近い状況にすることなんですね。

そこで、相手を意識させるために写真を使うっていう戦法です。例えば、女子と話すのが緊張するっていう人は好きな女優の写真をググって、その写真を見ながら相手をイメージしてガチでその人に話かけようとしてみてください。結構緊張します。

で、そこからこの女優さんならこう返してくるだろうなと予測して、実際に会話してみるって方法がお勧めです。独り言と似ているんですが、苦手な状況をイメージすることによって、思考力が奪われるんですね。なのでどう返したらいいかわからなくなることが多め。

だからどうしたゲーム

これは、アイデアを探すためにも使われるんですが、自分の意見に対して「だからどうした」という問いで何回も深堀りしていく方法です。

「いやー今日ねむいなー」

「だからどうした」

「ねむいと頭働かないなーと思って、」

「だからどうした」

「頭働かないと作業効率悪くなるよね」

「だからどうした」

「作業効率わるいと怒られそうなんだよ」

「だからどうした」

「さっきからだからどうした、だからどうしたうるさいんだよ!」

「だからどうした」

みたいな感じで、ひたすらだからどうしたという答えを受け続けるんです。「何言ってんだこいつ」ていう相手の顔をを想像しながらやった方が効果的です。

これで、自分の意見を伝える時に相手に拒絶されても、しどろもどろにならないメンタルが鍛えられます。

観察発想法

会話を始める時に、ネタがないから話かけられないという状況を防ぐために観察力を身に付けておくことが重要です。得に初対面の人と話しをする場合、相手のことがよくわからないので、見た目から会話のネタを探せるようになっておくと非常に楽です。

そこで、観察力を上げるためのトレーニングとして街ですれ違う人の特徴を3つ挙げてから、どう話しかけるかを10秒以内に決めるっていう方法です。

例えば、赤いマフラー、細身、マスクをしてる。という特徴を見つけたら、「花粉症なんですか?」と話しかける。もしくは、「マフラーどこで買ったんですか?」でもいいです。こんな感じで会話の糸口をバシバシ探していくんですね。

また、必ずしも人である必要はなく、身の回りにあるものを観察してネタになりそうなものを見つけてもOKです。ゴミ箱がいっぱいとか、飲み物の容器のデザインとか、環境を観察してネタを探すってトレーニングはどこでもできます。

まとめ

ということで、一人できる会話の練習法についてざっと並べていきました。基本的に一人で会話のテクニックとか技術は全然一人でも身に付けられます。あとは、人と話すときに不安に押しつぶされないかどうかってことですね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする