嘘がばれないおまじない「オシッコを我慢する」

嘘をつくと動揺してしまい、その緊張感が相手に伝ってバレてしまうなんてことはよくあること。では、自分が動揺をしなくなる時ってどんな状況でしょうか。

オシッコを我慢した状態では嘘がバレにくくなる

これはカリフォルニア州立大学の実験で、22名の被験者に倫理観を測るようなアンケートを答えてもらったあと、2つにグループに分わかれてインタビューを受けてもらいました。

 

1つは700mlの水を飲んでから嘘の意見を答えるグループ。もう1つは50mlの水を飲んでから嘘の意見を答えるグループ。

 

そして、インタビューは動画を取られ、その映像で第三者に嘘を見抜いてもらったんですね。その結果オシッコを我慢していた被験者ほど嘘がバレにくかったんです。

 

オシッコを我慢したことにより、瞬きの回数が上がったり顔を触ったりなどの嘘をつくときの動作が減って自信のある印象に見えたんだとか。ただしこれは嘘をつくときのみに発動する現象で、尿意を我慢しているからといって自信があるように見えたり、説得力が上がることはないんですね。

 

なので、どうしても嘘をつかなければならない時は、700ml以上の水を飲むと修羅場を避けられるかもしれません。

 

頭の回転も速くなり、判断力も上がる!?

また、オシッコを我慢する研究と言えば、2011年イグ・ノーベル賞を受賞したトウェンテ大学の論文。この研究では、尿意を我慢すると判断力が上がり、自制心が強くなると結論付けられています。

 

これは脳による働きで、無駄な動きをしないように「抑制」の指令を身体中に送るんですね。すると、自制心が高まり現在のメリットよりも将来のメリットを選ぶようになるんだとか。

 

尿意を我慢してる状態で誘惑に負けるということは、漏らしてしまうこととイコールになります。もし仮に漏らしたら周りの人にどう思われるかと考えると、なんとしても耐え抜かなければと長期的なメリットの方が大切だと判断するんですね。

 

振り返ってみると誘惑に負けやすいときは安心してたり、落ち着いている時が多いんですね。やっぱり危機感を感じないと人間は行動しませんので、それを考えると尿意を我慢しているときは最大の危機ではありますんで、自制心が強くなるのも頷けます。

まとめ

というわけで、ちょっと下品な記事になってしまいましたが、このような緊急事態なときでもメリットはあるんですね。なので、これから常に1Lの水を持ち歩こうかと思いますが、糖尿病や膀胱炎のリスクがあるのでやっぱりやめときます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください