初対面で怖がられる人は相手との「共通点」が少ない

実は人と関係を作るには心理学的なコツがあることがわかってます。初対面の人との会話でよく言われるのが、質問をしましょうということですが、なぜ質問をする必要があるのか知ってる人は少ないように思えます。

 

話しを続けるためとか、話しを弾ませるためだと思われがちですが、全く別の理由であることがわかっています。

初対面の会話は共通点探しゲーム

人は自分と似ている人に好意を感じるという性質があります。これは、社会心理学者のチャルディーニが提唱した「好意の原理」によるもので、自分と近い人に影響を受けやすいのです。

 

実際に普通に街中に出て人に声をかけても、相手にされないのが、ハロウィンパーティーで仮装してる人達は初対面でも友達になりやすかったりします。

 

また、共通点が多ければ多いほど親近感が湧きやすいという「類似性の法則」からも証明されてますんで、初対面での会話の目的は共通点をさがすことにあります。

 

で、この共通点はどんなに小さくても効果があるとされていて、帰りの方向が一緒だとか、同じ血液型とか、なんでもOKです。ただ、自分のよく知らない話題についての話しになった時に会話に入れなくなる状況はよくあると思います。

 

そんな中でも共通点を見つけることができます。例えば、あなたのよく知らないスポーツについての話題になった時、「昔、やろうと思ったことがあった」「友達がやっている」などでも共通点になります。

 

なので、必ずしも自分の話でなくてもいいんです。とにかくどんなに小さいことでもいいので、無理やり相手と自分を関連付けさせることが大事なんです。

 

ただし、ネガティブな共通点は避ける

ただ、相手がいった内容をすべてこじ付けろといってるわけではなく、相手が自虐してきたときは注意が必要。

 

もちろん、相手の悩みに共感してあげるってのは大事です。

 

しかし、あくまでも初対面なんで、相手がけっこうガチで悩んでることを安易に「俺もそうだよ」といってしまうと「お前に何がわかる?」という感じに。

 

共感ってのは、ただ「自分との同じです」ってことを相手に伝えるだけのものではないんですね。相手の考えや意見を受け止めることも共感になります。

 

なので、わらってジョークで言ってるものであれば、俺も俺も!という感じでOKですが、ガチな場合はバックトラッキングなんかを使って、オウム返ししていただければと。

まとめ

というわけで、初対面では共通点を見つけることが大切です。よく初対面では質問をしましょうと言われるのは、相手との共通点を見つけるためなんですね。

これを知ってるだけで初対面が怖くなくります。なにを話せばいいか、なにを聞けばいいかがわかってくるんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください