テレビを見ると太る、2時間で23%肥満に

この頃、テレビがあると集中できないので記事を書く効率が下がると思ってきました。

 

なので、最近はマックやカフェで記事を書くようにしてるんですが、どうやらテレビは集中力の他にも太りやすくなることがわかってるんですね。

10万人の女性を調べてわかったこと

テレビを見ると太りやすくなるというのも、10万人の女性看護師を対象に調査を行なったところ、

 

テレビの視聴時間が2時間増えるごとに肥満率が23%上がり、糖尿病のリスクが14%を増えるという結果が出てるんです。

 

これは、テレビを見ながらスナック菓子などのジャンクフードを食べてしまうことが一つの理由。

 

また、テレビの視聴時間が長いと運動の習慣も作れない人が多いので、結果的に健康状態に被害が出てしまうことが考えられます。

テレビを禁止すると痩せる

さらに、スタンフォード大学が行なった実験では、小学生をテレビの視聴時間を減らすことを勧める授業を18回に渡り授けさせたんですね。

 

実際に、10日間テレビを一切見せなくするグループとテレビを制限しないグループの2つに分け7ヶ月後の健康状態を調べました。

 

結果、テレビを制限したグループは制限しないグループに比べて平均900g体重が減り、ウエストが平均2.5cm細くなったのです。

まとめ

そんなわけで、テレビとデフについて書きましたが、特にテレビを見ながらご飯を食べる習慣がある人は、視聴時間がかなり関係してくるかと。

 

テレビを見ることがトリガーになって、腹減ってないのに脳が錯覚を起こしてしまい、無駄に食べちゃうケースが多いです。

 

テレビはデブの元。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください