本番で頭が真っ白!を解消する「Nバック課題」とは

本番で緊張してしまったり、頭が真っ白になってしまう。このような、経験は誰にでもあると思いますが「お前は集中力がない!」の一言で片付けられてしまいます。

 

集中力がないと言われても、じゃあ具体的に何をすれば、集中力が上がるの?って疑問。これは脳が全く関係ないことをいくつも考えているからなんですね。

 

私もこの記事を書いている最中に、カレンダーにスケジュールを入れ忘れていないかだったり、読みかけの本の続きが気になったりと、いろんなところに意識がワープします。

 

ワーキングメモリを整理せよ

このように、色んなところに気が散ってしまうのは、一時的に使われる記憶ワーキングメモリに多くの情報が入ってしまっているためです。

 

ワーキングメモリは1970年代にイギリスの心理学者アラン・バドレーによって提唱されたもので、言葉を理解したり、推論したり、学んだりする際に使われる記憶で、作業記憶とも呼ばれます。

 

例えば、買い物に行く時に一時的に買うべきものリストを頭に入れておくとか。

 

あなたも経験があると思いますが、大勢の人の前で話しをする時に原稿を記憶していたのに、本番になると、セリフが飛んでしまった。みたいな。

 

これは、セリフを記憶していたワーキングメモリが不安や恐怖、緊張などいっぱいになり、記憶を取り出しにくくなってしまうからなんですね。

 

ワーキングメモリは容量があり、いっぱいになると作業効率が悪くなったり、気が散りやすくなってしまうんです。

 

しかし、この容量はトレーニングで上げることができます。ワーキングメモリが発達している人ほど、頭の回転が速く、本番にもつよいし、学習効率もいいのです。

 

ではどのようにしたら、容量を上げることができるのでしょうか?

Nバック課題が確実に容量を増やす

これは、数字や絵がランダムに表示されていき、2つ前や3つ前に表示されたものを答えるというトレーニングです。

 

長期間続けると、短期間で大量の情報処理できるようになったり、新しい仕事の手順を早く覚えられるようのなったりと効果があるとされています。

 

Nバック課題はスマホアプリもありありますので、手軽にできるトレーニングでもあります。

 

また、ハードルが上がりますが、聴覚と視覚で同時にNバック課題をするデュアルNバック課題のほうが効果が高いといわれています。

 

ゲント大学の研究では、15日間のデュアルNバック課題で、ワーキングメモリの容量が向上したといいます。

まとめ

ぜひ、無料でデュアルNバック課題はアプリでできますので、本番に弱かったりする人は練習してみてください。

 

あと、ワーキングメモリから情報を取り出すってもの重要で、紙に不安を書きだすってのも無茶苦茶効果があります。5〜15分ぐらい手を止めずになんでもいいから書きまくるって方法ですね。ぜひお試し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください